萩本欽一【笑っていいともでタモリと和解!茨城ゴールデンゴールズ】


萩本欽一【笑っていいともでタモリと和解!茨城ゴールデンゴールズ】
さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

芸能界の大御所萩本欽一さんが
2月14日の『笑っていいとも』のテレホンショキングに出演。

よそよそしい萩本欽一さんにタモリさんが家が近いんだから!!と話かけると、
萩本欽一さんは『いきなりタモリが来たって言うから追い返すように言ったのに
勝手におしかけてきてそれ以来嫌いだった』と逸話を披露。

何でもその時のタモリさんは朝までずっとしゃべりっ話で、
勝手に飲むだけ飲むから嫌いになったと語っています。

その後は和やかななムードで番組は進行し、
最後は和解?したようでした。

萩本欽一さんは野球が大好きで『茨城ゴールデンゴールズ』を創設。
女子選手等も在籍し話題を集めました。

萩本欽一さんは高校まで野球部に所属する所謂高校球児でした。
『茨城ゴールデンゴールズ』は一時期解散の危機を迎えます。

同チームのメンバーだった元極楽とんぼの山本圭一さんの
不祥事により一旦は解散しますと宣言しますが、
数多くの存続して欲しい署名が集まり、
萩本欽一さんは解散発言を撤回し、存続の道を歩みはじめます。

山本圭一さんの件に関しては、
刑事処分が甘すぎると感じた事も多いと思い筈。

この件は立派な刑事事件に相当し、検察に送検し、
執行猶予がついても司法の判断を仰ぐべきだったと思います。

萩本欽一さんは何も悪くはありませんが、
周りに示しがつかない事から責任をとり、
『茨城ゴールデンゴールズ』の解散を決断したのだと思います。

私は欽ちゃんは何も悪い事をしたわけでもなく、
チームで悪いことをした訳ではないので、
そこまで責任を一人で被る必要は無かったと思います。

欽ちゃんは当時無名だった『ダウンタウン』を
自分の番組に出演させるなど若手芸人には
最大限のチャンスを与えていました。

その後の『ダウンタウン』は飛ぶ鳥を落とす勢いで
関東進出し、『西のダウンタウン』
東の『とんねるず』と言われるようになります。

『ダウンタウン』意外にも欽ちゃんの番組出演を切欠に、
有名になった芸人も数多くいますね。

本当に欽ちゃんは芸能界の大御所だと思いましたね。
これからも体には注意してほしいですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “萩本欽一【笑っていいともでタモリと和解!茨城ゴールデンゴールズ】”

  1. tyarankyu より:

    笑っていいともでタモリと和解!茨城ゴールデンゴールズ萩本欽一さんについての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ