荒木飛呂彦の絵画が天先的!広瀬すずと不老不死?


荒木飛呂彦の絵画が天才的な評価

スポンサーリンク

荒木飛呂彦氏は週刊少年ジャンプで【ジョジョの奇妙な冒険】を1987年から1999年まで、5部の物語を書き、一躍人気漫画家に躍り出る。

同じく漫画家のゆでたまご氏に対抗心を燃やしている。
絵画が天才的との評価を受けている。

流石は漫画家なので、絵コンテで慣れているだけあって、絵画に関してもお手のものと言った所。

絵画のセンスは相当高く評価されている。
人気漫画【ジョジョの奇妙な冒険】で漫画家としての地位はがっちり固めている。

広瀬すずさんに似ていると、称賛の声

人気女優の広瀬すずさんを【ジョジョの奇妙な冒険】風に書いた所、これが似ていると称賛の声が上がると共に、絵が止まって見えるとの声もあり、賛否がわかれた。

但し広瀬すずさんに似ていると言う点に関しては、どちらも認めており、人物像を書かせたら天下一品との声も上がっている。

とにかく絵を書かせたらずば抜けた能力を発揮する。
絵画もしかり、この【ジョジョの奇妙な冒険】風に書いた広瀬すずさんの絵も評価としてはかなり高い。

見た目が若いので不老不死では?

11月30日、ベストドレッサー賞を受賞した荒木飛呂彦氏。

その姿がとても56歳に見えず、全く衰えない・・・。
不老不死なのではないかと言う声まで上がった。

壇上に上がってスピーチをした荒木飛呂彦氏は若さの秘訣を聞かれると、毎朝、東京都の水道水で顔を洗っていますと自虐ネタを交えて会場の笑いを誘った。

この日はビシッとスーツで決めたが、普段はトレーナーやジーンズで過ごしている事も明かした。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ