篠原涼子【ドラマ・女優業で大成功!結婚して子供がいても美人】?


篠原涼子【ドラマ・女優業で大成功!結婚して子供がいても美人】
さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

篠原涼子さんの名前を
一躍全国区にしたのはこの曲です。

「恋しさとせつなさと心強さと」
総売上枚数220万枚のダブルミリオンを記録。

この曲は当時若者の間で大流行していたゲーム
『ストーリートファイター』のCMソングに
起用され爆発的ヒットを生みました。

一気に220万枚を売り上げたのではなく、
ロングヒットで220万枚を売り上げました。

この後も歌手活動を続けますが、
この曲のような大ヒット曲にも恵まれません。

またスマッシュヒットも無い不遇の時代を過ごしました。
女優業も始めましたが、
仕事の依頼は少なく低迷期を辿ります。

2001年頃から徐々に人気が再びあがりはじめ、
ドラマでもヒット作に漸くめぐり合います。

2006年放送の『アンフェア』です。
共演者にもこのドラマで恵まれました。

瑛太・寺島進・香川照之・西島秀俊等豪華俳優の
キャスティング。

また篠原涼子さん演じる(雪平)は非常に
活動的で上司の制止を振り切って捜査をする刑事役でした。

2007年放送『ハケンの品格』もブレイクします。
このドラマが派遣社員に対しての労働環境に
一石を投じたとも言われました。

このドラマも共演者は個性派俳優が揃いました。
加藤あい・大泉洋・小泉幸太郎・小松政男・松方弘樹
板谷由香など出演し、視聴率の獲り辛い水曜10時からの
放送でしたが、高視聴率をマークしました。

その後2度の出産を得て、
本格的女優スタートなった作品が、
三浦春馬と共演した『ラストシンデレラ』です。

もし仮に篠原涼子さんが歌手活動に固執していたならば、
恐らく芸能界では生き延びれなかったでしょう。

それが今では多くの若手女優が目標の
女優は篠原涼子と語っているように女優としての才能は
大変優れたものがあり、
今後も主演役でドラマに登場する事は間違いありません。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ