福山雅治【シンガーソングライターや俳優で魅了する長崎県出身】?


福山雅治【シンガーソングライターや俳優で魅了する長崎県出身】
さんについて調べてみました。

スポンサーリンク


福山雅治さんは皆さんご存知の通り、
長崎県出身で誰よりも郷土愛が強い俳優(歌手)です。

上京した目的はシンガーソングライターになる事でしたが、
中々シンガーソングライターには成れず、
取り合えず応募しようとだした
「ムーディズオーデション」に合格してしまいます。

本人もかなり驚いたそうです。
映画『ほんの5g』で俳優デビューを果します。

1988年8月15日東京でライヴを行いますが、
観客は・・・無情にも0。

歌手としての知名度が無かった福山雅治さんは
痛烈な芸能界の洗礼を受けます。

今ではとても考えられません。
今年はドームツアーを行う予定ですが、
チケットは既にウェブでの先行予約や
一般販売でも入手するのはかなり難しいと言えます。

間違いなくドームツアーのチケットはオークションで
高値取引される事は間違いないでしょう。

今から26年前福山雅治さんのライヴは観客0。
底から独自の音楽性で徐々に知名度上がって行き、
観客0だったライヴから6年が経った1994年に
9枚目のシングル「IT’S ONLY LOVE/SORRY BABY」で
初のオリコンシングルチャート1位を獲得し
100万枚以上を発売して大ヒット曲となります。

人間の心理とは複雑な物で、
人気がある人に縋る傾向が多々あります。

翌年10枚目のシングル「HELLO」も
オリコンチャート初登場1位を獲得します。

もうこの頃には福山雅治さんを知らない人を探す方が大変な位、
抜群の知名度を誇るようになります。

1999年に発売したデビュー10周年記念アルバムも
ミリオンンセラーを獲得し、歌手福山雅治さんの地位を不動のものにします。

また俳優業でもめきめき頭角を現し
「一つ屋根の下」では好演技を披露。

平均視聴率28・4%。
最高視聴率37・8%と大ヒットドラマになり
役者として知名度を一足先にあげました。

1995年7月~9月放送の「月9」ドラマいつかまた逢えるで
初の主演に抜擢されます。

1997年は殆ど活動中止状態でしたが、
4月~6月にかけて放送された「一つ屋根の下2」では
出演回数は少ないものの主役クラスの扱いを受けます。

その後は「古畑任三郎」に犯人役としてゲスト演を果たします。

2003年松島奈々子とダブル主演で「美女か野獣」では
報道関係者の役柄を演じる。

最初は上司とそりがあわなかったが
終盤になるにつれ改善されて行く。
上司役は松島奈々子。

しばらく休養を挟み2007年10月~12月の月9ドラマ「ガリレオ」で
天才物理学者湯川学を演じ、度々捜査の協力を依頼され謎をときます。

その時のヒロインは柴崎コウさん。
2010年大河ドラマ「竜馬伝」では主人公坂本竜馬を熱演する。

2013年「ガリレオ」の続編が放送され
視聴率は20%をキープし依然人気の高い所を見せる。
ヒロイン役は吉高由里子さん。

観客0で始まった歌手活動も今やプラチナチケット。
福山雅治さんの意地と根性が掴み取った
勝利と言っても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “福山雅治【シンガーソングライターや俳優で魅了する長崎県出身】?”

  1. tyarankyu より:

    福山雅治【シンガーソングライターや俳優で魅了する長崎県出身】さんについての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ