千堂あきほ【バブル黄金時代の トレンディードラマのヒロイン】


千堂あきほ【バブル黄金時代の トレンディードラマのヒロイン女優】
さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

千堂あきほさんはバブル黄金時代の
トレンディードラマのヒロインを
務める事が多かった女優です。

男性ファンからの人気は高く当時は、
外出もままならない程人気が高く
休日は家で過ごす事が多かったそうです。

またファッションリーダー的存在で、
女性からの人気も高かったです。

また織田裕二さんと競演する事が多かったです。
『東京ラブストーリー』や『振り返れば奴がいる』等の
大ヒット番組から次々と声がかかりました。

特に『振り返れば奴がいる』では四面楚歌の
司馬(織田裕二)さんの数少ない理解者として、
時々司馬をフォローしました。

腕の良い麻酔医を演じていました。
このドラマで度々司馬の暴挙を外科部長の
中川( 鹿賀丈史)さんが石川(石黒賢)さんの
言葉を意に介しません。

この病院で何故司馬はあそこまで庇われるのかが
不思議がられるようになります。

司馬は大学でインターの時に中川の
手術ミスを肩代わりしている為、
弱みを握られている中川にはどうにもなりません。

また司馬は常に単独行動でいきなり緊急手術を始める等、
倫理上問題があっても中川は司馬を庇います。

一方の石川は何とか司馬の悪事はないかと
研修医の峰(松下由樹)さんと資料を探すが
中々司馬の悪事を見つけ出せません。

そんな対立する司馬と
石川の中立役として度々登場するのが、
千堂あきほ演じる大槻沢子さんです。

近くの工場で爆発事故が起きた際
多くの患者が運ばれてきます。

その中に老人がおり、
石川は軽症と判断し診察を後ろにします。

結果大動脈破裂で亡くなってしまいます。
この事を逆に司馬が息子に電話で連絡し、
大金を渡し大事には至らないが、
石川の出世は取り消しとなりました。

このように司馬と石川だけの話しに
文面だけ見ていると思いがちですが、
実際はあらゆる場面で大槻沢子さんが時には
見方に時には敵に出るなどドラマの
ポインターとして活躍しました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ