花粉症【レーザー治療で治る?地域で長さが違う?花粉症の原因?】


花粉症【レーザー治療で治る?地域で長さが違う?花粉症の原因?】
について調べてみました。

スポンサーリンク

花粉症は春の風物詩にすっかりなってしまいましたね。
しかしこんな風物詩はいらないですよね。

花粉症は突然発症します。
今まで何の兆候もなくいきなり襲われます。

私も花粉症ですが突然発症しました。
ある日会社の帰りの電車で目が痒く、
目を擦っていたら、くしゃみ、鼻水に襲われました。

花粉症は今はレーザー治療等で治す事も出来る時代になりましたが、
まだまだ医療費の負担が大きいです。

またレーザー治療に対して恐怖心が先行し、
受けられないでいる患者さんも大勢います。

仮に国が全額負担したとしても、
レーザー治療を受ける人が激増するとは考えにくいです。

やはり耳鼻咽喉科と言う専門的な科は一般的には治療は
キツイ、痛いと思う人が多いようです。

もしレーザー治療が全く無痛なら国が全額負担したなら、
全国の医療機関はパンクするでしょう。

勿論そんな援助は一切考えない国ですから、
そのような事は万が一にもあり得ないのですが・・・。

悲しいですがそれが今の日本の現状です。
国会の予算審議がテレビ中継されていますが、
みんな国民の立場でものを言っているとは考えられません。

何故予算委員会なのに、
憲法9条の話になるのか意味がわかりません。

それ位国に頼るのだけ無駄と言う事です。
花粉症は地域によって長さが違うのを皆さんご存知でしたか?

因みに何処が一番ピークが短いと思いますか?
北海道ですか?

答えは意外です。
なんと九州なんです。

九州は飛散の時期は早いですが、
その分ピークの時期が短いのです。

1番長いのはやはり首都圏と関西圏です。
特に首都圏は関東北部の山沿いに花粉症の原因となる
スギやヒノキが山ほど木が立っていますから、
風に乗って関東平野に花粉をばら撒いていきます

特に花粉症の人が気を付けなければいけない日があります。
それは雨の日の次の日です。

雨の日は花粉の飛散量も大幅に減る為、
よほど重度の花粉症の人でない限り、
症状が出る事はほとんどありません。

しかし雨が降った次の日は花粉がこの時を
待っていましたとばかりに大量に飛散します。
正に目に見えない大敵です。

花粉は基本的に目に見えないのが厄介です。
顕微鏡等で見れば一目瞭然なんですが、
その為に顕微鏡を買う人等まずいません。

花粉は着用した服に大量に付きます。
家に入る前に洋服を払う必要があります。

花粉症の方はこの時期はマスクにメガネや
サングラスのフル装備が必要です。

症状は人によって異なります。
確かに耳鼻咽喉科の治療はあまり自分も好きではありません。

耳鼻咽喉科の治療が快適だと思う人はまずいないでしょう。
しかし耳鼻咽喉科で処方される薬が一番効果が
あるのは紛れもない事実です。

市販薬との効き目の違いに驚く人も少なくありません。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “花粉症【レーザー治療で治る?地域で長さが違う?花粉症の原因?】”

  1. tyarankyu より:

    花粉症【レーザー治療で治る?地域で長さが違う?花粉症の原因?】についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ