良質な睡眠を取る方法【睡眠時間?ストレス?睡眠障害?依存性?】


良質な睡眠を取る方法【睡眠時間?ストレス?睡眠障害?依存性?】
について調べてみました。

スポンサーリンク

皆さんは睡眠は十分に取れていますか?
理想的な睡眠時間は7~8時間と言われています。

24時間のサイクルで1日は動いていますから、
睡眠は1日のうち約3分の1になります。

これは非常に大きいです。
人間はストレスに非常に弱いです。

しかし人間はストレスに勝とうとする
気質を持っています。

それが1番良くないパターンです。
ストレスは気が付かないうちに溜り。

そしてそのストレスの症状は人それぞれです。
身体的に不調を訴える人もいれば、
精神的な苦痛を口にする人もいます。

しかし1番多いのは何も感じない人です。
ストレスが1番厄介なのは目に見えない事です。

目に見えれば良いのですが、
ストレスは人によって感じ方が違います。

ストレスによって睡眠が阻害される事が多々あります。
寝る前に長めに湯船に浸かったのにも
関わらず良質な睡眠が取れないケースがあります。

一般的に入浴してから1時間後~1時間30分後が
一番眠気を起こしやすいと言われています。

お風呂を出た直後は血行が促進され体が温まった状態です。
そこから1時間程で熱気から覚め眠気を催します

これが健康な人の睡眠のパターンです。
これは昼間にも同じ事が言えます。

昼間に湯船に浸かると同じように
1時間~1時間30後に眠気が催します。

そこで眠るもよし、我慢するもよし。
ここで我慢するとその日の夜は
飛躍的に良く眠れる事が多いです。

問題なのは眠気を全く感じない人です。
これは睡眠障害の可能性が高いです。

この場合は心療内科の専門医の診察が必要です。
一時的に睡眠導入剤を処方される方が殆どです。

心療内科は殆どの病院で予約制で
初回はカウンセリングに30分程時間がかかります。

そこで医師は何処に問題点があるのかを導きだします。
導き出せない医師はいません。

睡眠障害で原因不明と言う事は100%ありません。
なんで睡眠が取れないのかがわからなければ、
医師は処方する薬に逆に悩みます。

その為に初回のカウンセリングがあるのです。
医師は必ず問題点を見つけます

また話を聞いている途中で見抜く専門医が殆どです。
そうなれば後は患者さんにあった薬を処方するだけです。

睡眠導入剤が必要なレベルなのか?
それとも精神安定剤で改善されるレベルなのか?

あまり睡眠薬に頼るのは良くありません
依存性が高いです。

一番良いのは中盤で書いたお風呂上りに
気持ち良く熟睡出来る事です。

お酒に頼るのも望ましくありません。
寝る前にビール等アルコール等を飲んで
寝るとこれも癖になります。

寝る前に飲まない方が良い飲み物は
アルコール以外にはカフェインが入った
飲み物(コーヒー等)とグレープフルーツジュースです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “良質な睡眠を取る方法【睡眠時間?ストレス?睡眠障害?依存性?】”

  1. tyarankyu より:

    良質な睡眠を取る方法【睡眠時間?ストレス?睡眠障害?依存性?】についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ