自己破産は信用情報に傷が付く!免責決定でローン契約できなくなる?


自己破産信用情報傷が付く免責決定ローン契約できなくなる?
についての情報です。

スポンサーリンク

自己破産は信用情報に傷が付く!免責決定でローン契約できなくなる?

自己破産。
誰でも自己破産なんて
したくありませんよね?

 

信用情報に大きく傷がつき、
ローンと名前がつくものを
10年以上も契約出来なくなって
しまいます

 

こんな窮屈な生活は誰も
のぞんでいません。

 

しかし自己破産する人は段階1で、
まだストップが効く状態。

 

 

この段階では借金が多くなってきたな、
借り過ぎないように注意しよう!

 

ここまではセーフ。
問題はここから先です。
ここから先が大きく分かれます。

 

段階2。
そろそろおまとめローンに
しないとまずいかな?

 

このままズルズル行ったら、
かなり不味いなどうしよう!

 

ここがポイントです。
ここでおまとめローンに移行、
もしくはこれ以上借金を増やさない!

 

これが出来ればまだ大丈夫ですが、
これと反対方向の事をすると、
一気にデンジャーゾーンに突入します。

 

デンジャーゾーンに突入してしまったら、
もうお手上げ状態です。

 

自制心が効きません。
野球で例えるなら、
もうなげる球がなくて、
真ん中のストレートしか
投げられない危険な状態です。

 

段階3。
完全暴走。

 

もう自己破産してもいいや
と言う開き直り。

 

もうここまで来ると、
完全に自己破産で決着をつけようと
言う考え方なので、
贅沢三昧をします。

 

結局、何処からもお金を借りる
事は出来なくなり、弁護士に
自己破産の手続きを依頼。

 

そして自己破産で免責決定を受けて、
借金はチャラになります

 

自己破産の宣告を受けただけでは
借金はチャラになりません。
免責決定を受けなければいけません

 

免責不許可事項に、
ギャンブルや浪費などがありますが、
そこは職人芸の弁護士。

 

話を競馬で30万円使った所を帰省したなど、
話を債務者有利に、ものの見事に
話をすりかえてしまいます。

 

これは特に借金問題に詳しい弁護士だと、
ここまで借金の内容を改ざんするか
と言うレベルまで話をすりかえます。

 

本当にものの見事に、
免責決定を勝ち取ります。

 

自己破産する人は熱くなりやすく、
短気な人が圧倒的に多いです。

 

自己破産は自制心が無い人が
陥ります

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ