消費者金融がお金を貸しやすい職種・貸しにくいお仕事は??


消費者金融お金を貸しやすい職種貸しにくいお仕事は??
についての情報です。

スポンサーリンク

消費者金融がお金を貸しやすい職種・貸しにくいお仕事は??

消費者金融には属性と言う物があり、
これはお客さんの職業や年収などで、
段階が分かれています

 

当然、段階が上の人の方が融資率は
メチャクチャ高くなります

 

まず消費者金融での王道の貸しやすい
お客さんの順番は弁護士➡医師➡
国家公務員➡上場企業社員➡会社員
このような順番がついています。

 

弁護士さんが消費者金融にお金を
借りに来る事はまずありませんね。
自分で身の丈をわかっていますからね。

 

お医者さんも余り借りにはきません。
給料が良いですし、
忙しいですからね。

 

弁護士さんとお医者さんは
属性は非常に高いです。

 

正直ずば抜けています。
しかし借りに来て欲しいのに、
借りに来てくれません。
まあこれは仕方がないですね。

 

後は上場企業の社員さんや
国家公務員の人は安全牌ですね。

 

国家公務員で意外にお金を借りに
来る事が多いのが刑事さんです。

 

刑事さんは金遣いが基本的に粗いです。
ただし安定株なので、
融資は非常にしやすいですね。

 

刑事さんも結構良い給料貰っていますからね。
意外にギャンブルをする刑事さんが多いですね。
これは驚きの事実でした。

 

別に刑事さんだからと言って、
ギャンブルをしてはいけないなんて
法律はありませんからね。

 

さあここからはお金を貸したくない、
若しくは貸しづらい職業です。

 

まず消費者金融が求めるのは
安定継続収入です。

 

毎月30万円キチンと入って来るのであれば、
それ以上の事はのぞみません。
問題は給料が乱高下する人です。

 

職種で言うとホストさんにキャバ嬢です。
ホストさんの金遣いの粗さは半端ないです。

 

過去3か月の給料が50万、
100万・20万円だとします。

 

そうすると消費者金融が収入として
認定するのは一番低い20万円です。

 

これはキャバ嬢にも同じ事がいえますね。
本当に水商売の人はお金の使い方が粗すぎます。

 

正直50万円貸す所を10万円とかに
大きく貸す金額を下げて
融資しているのが実情です。

 

すんなり返済してくれれば
問題はありません。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ