消費者金融からお金を借りる時の有効的裏ワザ!勤続年数のサバ読み?


消費者金融からお金借りる時の有効的な裏ワザ勤続年数サバ読み
についての情報です。

スポンサーリンク

消費者金融からお金を借りる時の有効的裏ワザ!勤続年数のサバ読み?

誰でもお金を借りたい時は
なるべく多くお金を借りたい
ですよね?

 

しかし皮肉な物で、
年収と言うのは動かしよう
がないものがあります。

 

ここが落とし穴なのです。
まあ落とし穴と言っても、
皆さん真面目な方が多いので、
正直に申告してしまうので、
そこの部分で損をしている
と言う事です。

 

どういう事かと言うと、
普通に会社勤めのサラリーマンの方
なら、年収400万円とか
入力しますよね。

 

そうすると消費者金融などは
まず信用情報機関にデータを
照らし合わせ、過去に金融事故
がないか?
他社借入はあるか?
ある場合は幾らか?
これをまず調べ、融資可能か
融資不可を決めます

 

普通に働いている人であれば、
特に問題はありません。

 

金融事故とは債務整理の事です。
債務整理で1番多いのはやはり
自己破産ですね。

 

自己破産は免責決定から7年間、
自己破産ができません

 

借金がチャラになって
いますからね。
かなりの恩恵を受けています。

 

普通1度した事は2度はしないと
思うかも知れませんが、
2度目の事故破産をする人もいます。

 

もうこうなるとヤミ金しか
貸す所はありません。

 

幾ら審査の緩い中堅の
消費者金融でも、
お金を貸す事はありません。

 

お金を借りる時に使うと、
有効的な裏ワザは勤続年数の
サバを読む事ですね。

 

これは結構大きなアドバン
テージになります。

 

今はネット申し込みで、
対面与信ではありませんから、
いとも簡単に年収のサバを
読む事ができます。

 

年収が多いほど貸す金額は
大きくなります

 

年収300万円の人が
年収500万円と入力すれば、
審査さえ通過してしまえば、
年収500万円としてお金を
借りる事ができます。

 

300万と500万円では
かなり大きな違いです。

 

大目にサバを読んでおいて
損はありませんが、常識の
範疇がありますので、
注意しましょう。

 

後は勤続年数のサバ読み。
実際は1年の所を
3年などにする方法

 

これは消費者金融の勤続年数が
長い方を当然の事ながら
好みますから、勤続年数が長い程、
融資は受けやすくなります。

 

余りオススメできませんが、
これ位の事なら、常識の範疇と
言えるでしょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ