消滅可能性都市【日本創成会議発表?2040年のランキング一覧?】


消滅可能性都市【日本創成会議発表?2040年のランキング一覧?】
についての情報です。

スポンサーリンク

消滅可能性都市

消滅可能都市?日本創成会議発表?

日本創成会議発表した衝撃的な事実。
現在平成26年ですが、平成52年には消滅可能都市が
約5割と言う衝撃的事実が判明しました。

 

その要因は若い女性がいなくなり、
人口が0になると言う衝撃のデーター

 

人口が急速に減少していくと言う
データーの驚きの声が上がりました。

 

平成52年には896の市町村が
消滅する可能性があります。

 

消滅可能都市の話は以前からありましたが、
ここまで踏み込んだ内容は初めて。

 

この896の市町村がなくなると言う発表に
驚きとため息が入り乱れました。

消滅可能性都市?2040年?

2040年に消滅可能性都市の可能性があるのは896市町村。
しかしこれはあくまで試算の結果であります。

 

日本創成会議発表によると、
これ以上消滅可能性都市が増える可能性もあるとの見解です。

 

どこまでが本来の数字か?
非常に不透明な部分もあります。

 

間違えなく言える事は少子高齢化で
人口が減るのは間違いありません

 

人口が減るのは以前から分かっていた事ではありますが、
ここまで人口が減るのは想定外の事で
今後の動向が注目されています。

消滅可能性都市?ランキング一覧?

この危機的情報のランキング一覧を見て見ると、
北海道が1番多い事がわかります。

 

これは北海道の面積が広いのと、
都市が多いのが関係しています。

 

大都市圏は人口は減少しますが、
消滅の危機にある地域は一部。

 

東京だと奥多摩町が消滅の可能性が
極めて高いとされています。

 

このように大都市圏でも少し離れた地域になると、
一気に衆滅の可能性が高まります。

 

これは大きな問題ですね。
流石に消滅となると話が大分変ってきますね。

 

東京の豊島区でも人口は半減する予測になっています。
豊島区と言えば、池袋がある区です。

 

非常に現在栄えている街も人口は
どんどん減って行き消滅してしまうのでしょうか?

 

新宿区も同じような数字です。
街から人がいなくなると様々な所でダメージを受けます。

 

飲食店等の人手不足。
病院での医師不足など影響は非常に大きいです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ