月々3万へそくり作る方法(主婦編)【スーパーに行く時間?半額?】


月々3万へそくり作る方法(主婦編)【スーパーに行く時間?半額?】
について調べてみました。

スポンサーリンク

皆さんはスーパーに買い物を何時に行っていますか?
大体皆さんピークタイムに行かれる方が大半だと思います。

それはそうですよね。
食事を決まった時間に作るには自然とそうなりますよね。

そうなると月々の食費の予算は必然的に決められますよね。
そうなるとその予算内でやりくりしなければならないので、
当然買う食材や量等は毎月均一になりますよね。

そうするとどうでしょう。
毎月ほぼ同じローテーションでおかずの
メニューが決まっていませんか?

たまには外食する事や出前を
取る事も時にはあると思います。

ただ回数は少ないですよね?
多くても週1回以下だと思います。

外食や出前は楽は出来ますが、
食費としてのコストは高いですからね。

これをスーパーに行く時間を閉店間際に変えると
価値観が大きく変わります

特にお子さんがいないご家庭で有効的です。
閉店間際は多くの品物が半額等、
大幅な値引きをしています。

つまりピークで500円で買ったものが、
閉店間際だと250円で買えると言う訳です。

この一つの品物だけを買うわけではありませんから、
1回の買い物で2000円が1000円になったりする
ケースが出てくる訳です。

これを定期的に繰り返すと
食費が半分で済む事になります。

これは机上の計算ですが、
食費毎月6万円の家庭の場合、
半分の3万円になります。

そうするとご主人に内緒で
3万円のへそくりが出来ます。

1年間で36万円です。

これは大きいですよね?
1年間で36万円食費が浮いた上に
そのままへそくりとして入って来る訳ですから。

別に悪いことをしている訳ではないですからね。
ただ単純に節約しているだけですからね。

節約は良い事であってむしろ悪いと取る邦がナンセンスです。
良く考えて見て下さい。

僅か数時間の差で同じ商品が半額ですよ?
夕食を食べる時間が遅いご家庭なら何ら問題ありません。

味は何も変わりません。
まずくもならなく、
おしいくもなりませんが味は同じです。

普通に美味しく食べられます。
そして美味しい思いを出来る訳です。

確かに全ての商品が半額ではないです。
それでも惣菜等は大半は売れ残りを防ぐ為に半額です。

この閉店間際作戦は使用方法によっては
食費もさらに浮かせる事も出来ます。

閉店間際作戦もそうですが、
朝市これは見逃せないイベントです。
特に野菜の値段が高騰している時などは
野菜を安く買うチャンスです。

八百屋さんに朝市はありませんから、
スーパーを有効活用してうまく節約しましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “月々3万へそくり作る方法(主婦編)【スーパーに行く時間?半額?】”

  1. tyarankyu より:

    月々3万へそくり作る方法(主婦編)【スーパーに行く時間?半額?】についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ