携帯電話税【意味とは?自民党中山ニュース?金額はいくら?】


携帯電話税【意味とは?自民党中山ニュース?金額はいくら?】
についての情報です。

スポンサーリンク

メタンハイドレート

携帯電話税の意味とは?

携帯電話税は自動車と同じように
携帯1台に付き300円程度を徴収する意味です。

 

携帯電話まで税金がかけられたら、
日本は税金天国になってしまいます。

 

正に【タックスヘイブン】です。
しかし今の日本の政治情勢は財政面で
非常に厳しい物があります。
何せ国債が毎年赤字。

 

国債が赤字と言うのは日本の国債の信用度が
かなり低いと言う事です。

 

それを補填する為に消費税を8%に上げました。
今正に安倍政権の真価が問われています。

携帯電話税で自民党?

この税金を導入しようとしているのは
最大与党の自民党です。

 

自民党の有志議員がこの秋に
この税金を導入しようとしています。

 

数にものを言わせ、
強行可決をするのは間違いないでしょう。

 

携帯電話税は本当に必要なのでしょうか?
これも国債の補填に充てられる可能性が極めて高いです。

 

もちろんこの税金が導入されれば、
全ての携帯電話を持っているユーザーであれば
全てが対象になります。
即ち自民党の議員にも税金がかかる事になります。

携帯電話税で中山?

この税金の案件の発案者は
自民党の中山泰秀衆議院議員です。

 

中山議員は最初は1台に付き100円と提案していますが、
その後自民党内で論議が繰り広げられ、
300円程度になりそうです。

携帯電話税のニュース?

この税金ニュースはネットを中心に
かなりの物議を醸しています。
それは当然の流れです。

 

税金を次から次に繰り出すのですから
ネット上ではニュースになります。

携帯電話税の金額はいくら?

この税金の金額がいくら気になる所です。
最初中山議員は100円

 

しかし論議を重ねた結果金額は
いくらかと言うと300円です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ