中咽頭がん【症状や原因?治療法は?生存率や予後は?写真画像?】


中咽頭がん【症状や原因?治療法は?生存率や予後は?写真画像?】
についての情報です。

スポンサーリンク

中咽頭がん

中咽頭がんの症状?

咽頭痛や嚥下痛【えんげつう】、
のどのはれた感じなどが多くみられる症状です。

 

頸部リンパ節腫大もあります。
その為、食べ物が喉を通る時に
かなりの違和感があると言われています。

 

喉の状態を調べるには咽頭ファイバーで見るのが
一番確定診断をつけやすいです。

 

どうしても触診等では限界があります。
咽頭ファイバーは少し辛いので、
麻酔で眠らされて検査を受けると楽に検査も終了します。

中咽頭がんの原因?

中咽頭がんの原因ではっきりしているのは喫煙と飲酒です。
タバコを吸う人やお酒を飲む人は注意しなければいけない病気です。

 

少しでも喉の調子がおかしいと思ったら
直ぐに病院に行きましょう。

 

なるべく設備の整った総合病院以上の所が良いでしょう。
総合病院も設備が整っている病院とそうでない病院があるので、
予めリサーチして行くと無駄足にはならないでしょう。

中咽頭がんの治療法?

主な治療法は3つです。
まず外科的療法
これは手術です。

 

手術をした方が確実に癌細胞を一旦は取り除く事が出来ます。
手術と言うとリスクが高いように感じますが、
外科的手術が一番効果が高いのは間違いありません。

 

そして放射線療法
放射線を病巣にあて、
ガン細胞を殺す治療方法です。

 

最後に抗ガン剤による薬物療法
抗がん剤はご存じの通り、
副作用が一番懸念されている治療法です。

 

実際に髪の毛は抜ける等の副作用等、
かなり副作用が多いです。

中咽頭がんの生存率は?

癌の完全完治の目安とされる5年生存率は病期I: 92%、病期II: 90%、
病期III: 83%、病期IV: 58%とかなり高いです。

 

日本の医学が進歩した事が良くわかる数字です。
病期IV:でも58%あるのは意外な数字です。
かなり高い数字だと思います。

中咽頭がんの予後は?

まず5年生存した後、
予後に関しては考えます。

 

それまでは5年と言う一つの区切り。
予後は順調に越した事はありません。

中咽頭がんの写真画像?

中咽頭がん

中咽頭がんの咽頭ファイバーで取った画像を見ると、
大きく腫瘍が出来ているのが良くわかります。

 

写真や画像で見ると一目瞭然です。
全くの健全者は何もないのに対し、
がん患者さんは拳に近い位の腫瘍が画像で確認出来ます。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ