メタンハイドレート【実用化はいつ2014?可能性は?コストは?】


メタンハイドレート【実用化はいつ2014?可能性は?コストは?】
についての情報です。

スポンサーリンク

メタンハイドレート

メタンハイドレートの実用化はいつ?2014年?

メタンハイグレードは燃える氷と言われる不思議なものです。
これを何とか自然海峡を破壊しない様に、
実用化が検討されています。

 

見識者の中でも意見の分かれる物質で
推進派と慎重派の2つに意見が分かれております。

 

その為、2014年に入ってから
いつこのメタンハイグレードを有効活用するか?
様々な意見がぶつかりあっています。

 

見識者の会議でも怒号が飛び交う等、
真剣な論議の中でもヒートアップしてしまう見識者もいます。

 

実用化は本当に出来るのでしょうか?
実際そのようになった場合、
どのような効果が生まれるのかが非常に気になります。

メタンハイドレートの実用化の可能性は?

2013年4月安倍政権は
「2018年度をめどにメタンハイドレートの商業化を目指す」
とする海洋基本計画を閣議決定しました。

 

さらにメタンハイドレート関連事業をアベノミクスの
成長戦略における柱として、【アベノミクス】の一環として
積極的に取り入れようとしています。

 

本腰を政府がいれれば、
そう難しい事では無さそうですね。

メタンハイドレートの実用化?コストは?

1990年代から研究を重ねており、
様々な結果が出てきました。

 

最初は中々研究も思うような成果が出せず、
研究者達もかなり焦りの色がありました。

 

しかし政府も援助するようになってからは、
かなりの進展がありました。

 

気になるコストですが、実用化に至れば
「LNG(液化天然ガス)の10分の1程度の価格で販売できるだろう」
と期待されています。

最後にメタンハイドレートについての動画をご覧ください。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ