マイホーム借り上げ制度【マンションのデメリットや問題点は?】


マイホーム借り上げ制度【マンションのデメリットや問題点は?】
についての情報です。

スポンサーリンク

マイホーム借り上げ制度

マイホーム借り上げ制度でマンション?

マイホーム借り上げ制度が今注目を浴びています。
中々景気が回復しない中、誰しもが思う事。
少しでも収入が増えたらいいなあ・・・。
そんな人にとってマイホーム借り上げ制度はピッタリです。

 

もちろん住宅(物件)を持ってないといけませんが、
持っている人にはピッタシです。

 

まず上手くマイホーム借り上げ制度を利用して
家賃収入を得る事が出来ます

 

マイホーム借り上げ制度を上手く回転させる事によって、
物件を複数所有していけば、
家賃収入はどんどん増えて行きます

 

ここは考え方によっては斬新な投資のスタイルと
取る事も出来ます。
実際投資として割り切って行っている人も多いです。

マイホーム借り上げ制度のデメリット?

マイホーム借り上げ制度のデメリットは
相場の家賃より15%前後安い所です。

 

相場が10万円だとしたら、
この制度を使った場合8万5千円と言う事になります。

 

あくまでも机上の計算ではあります。
毎月の賃料に次の諸経費15%がかかること

 

・一般社団法人移住・住みかえ支援機構(JTI)運営費として
賃料の10%・建物管理費として賃料の5%を持っていかれる事です。

 

手数料替わりに取られてしまうわけですが、
この15%は侮る事はできません。

マイホーム借り上げ制度の問題点?

この案件の1番の問題点は提出書類の多さではないでしょうか?
折角この制度に乗りかかった人もその船からおりてしまいます。

 

今後、提出書類の簡略化等がこの後の問題点の中での
改善しなければいけない点でしょう。

 

また経費がかかるのもこの制度を
敬遠する人の要因となっています。

 

またチェックリストの細かさ
大きな問題点になっています。

 

この辺りの問題点が改善されてくれば
利用者も更に増えるのは確実な情勢です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ