タクシードライバー【多く収入を得る方法?梅雨?大学病院?】


タクシードライバー【多く収入を得る方法?梅雨?大学病院?】について調べてみました。

スポンサーリンク

タクシードライバーの方により多い収入を得る方法を書きます。

特に新人のタクシードライバーさんはまだ慣れていない事も多く、
特に深夜はどこを流せば良いのかわからないと言う方も多いと思います。

基本的にタクシー利用者は天気が悪い日程増えます
その為駅のタクシーロータリーは晴れの日は人が並んでいないのに、
雨の日は長い行列ができます。

その為タクシーは順番待ちする事なく、
直ぐにお客さんを乗せる事が出来ます。

この為例え1メーターでも1時間で3回は最低稼げる為
2130円が最低でも1時間で稼げます。

時給710円と時給2130円だと大きく違いますからね。
また順番待ちと言うストレスも感じなくて済むので
タクシードライバーの人は雨の日大歓迎です。

特に梅雨時はタクシードライバーの儲け時です。
タクシードライバーの方はこまめに
天気予報をチェックしています。

その為天気が大きく崩れる日が
休みの予定のタクシードライバーさんは
休みを返上して稼ぎまくります。

それでは新人タクシードライバーさんは
夜のどこを流したら良いかわからない。

そんな悩みを一発で解消するある場所があります。
これはどの都道府県でも必ずあります。

特に大都市になるとその場所は増えてきます。
さあそこは一体どこだと思いますか?

これは穴場中の穴場です。
待機する時間が長くなる場合もありますが、
深夜料金に距離もある程度稼げます。

この場所は先輩ドライバーは先ず教えてくれないでしょう。
ただ仲の良い先輩ドライバーなら教えてくれるかも知れません。

さあ場所の発表です。
答えは『大学病院』です。

『大学病院』は深夜でも全ての科の医師がいます。
深夜の為当然交通手段は限られて来ます。

バスも電車も走ってないですから、
自家用車を所有していない人はタクシーで来院します。

当然診察が終わり帰宅する際もタクシーを利用します。
『大学病院』は深夜の受け入れ患者が圧倒的に多いため
タクシードライバーの待ち時間も短い上に
ある程度の距離を利用してくれます

ここでのポイントはバスも走っていない。
電車も走っていない点です。

タクシーのみが唯一の交通手段なのです。
大体平均で2000円の距離を乗る人が殆どです。

これに深夜料金の3割増しが増えますから、
結構繰り返すとそれだけで良い稼ぎになります。

逆におすすめ出来ないのは空港です。
空港は一撃必殺の1万円以上稼げる事もありますが、
異常に待ち時間が長いです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ