お花見の開花時期は?穴場のお花見スポットは?屋形舟で?花見弁当?


今回はお花見の開花時期は?穴場のお花見スポットは?
屋形舟で?花見弁当?について調べてみました。

スポンサーリンク

[titled_box color=”option” title=”開花時期”]

東京では最新の開花予想では3月29日と平年より
3日程遅い開花予想が出ています。

今年の開花が珍しく遅い背景には例年になく
寒い冬だった事が原因の一つでしょう。

首都・東京でも2週連続で45年振りの27センチの
積雪を記録するなど大雪にも見舞われ厳冬そのものでした。

また晴天の日々は多かったですが
北風が強く寒い日が多かったのも特徴です。

関東は雪が降りにくい事で有名です。
関東北部の高い山脈が雪雲の進入を阻む為、
山沿いでは降りますが、
平野では降りません。

東京等が大雪になるパターンは一つ。
南岸低気圧です。

この南岸低気圧が八丈島の上を通るか、
下を通るかによって雪の量等が変わります。
[/titled_box]

[titled_box color=”option” title=”穴場のお花見スポット”]

東京都北区にある飛鳥山は都内有数の桜の花が咲き乱れ
夜はライトアップされます。

でも飛鳥山を知らない人は多いのです。
場所は京浜東北線・王子駅から徒歩1分と
抜群のロケーションを誇ります。

地元では知らない人はいない有名なお花見スポット。
また飛鳥山でお花見をする人はマナーが良いと
公園を管理する北区役所も語るほど。

お花見=ゴミのイメージを全く払拭して良いお花見スポットです。
1度行った事がない方にはお勧めします。
[/titled_box]

[titled_box color=”option” title=”今年のお花見は屋形舟で??”]

隅田川は何処を歩いても桜があります。
そんな抜群なロケーケションを変わった視点で
お花見するのもお勧め。

その一番手が何と言っても屋形舟。
屋形舟は花火のイメージが強いですが、
実は昔からお花見のお客さんが
結構利用していたんですよ。

意外かも知れませんが屋形舟での
お花見をする方は多いです。

舟の中では天ぷら料理等を味わいながら、
気軽にお花見が出来るんですよ。

この屋形舟は何が一番良いかと言うと
3月下旬とはいえまだまだ寒い日もあります。

そんな日に屋形舟であれば、
寒い思いもせずに熱燗を一杯なんて
楽しみかたもあるんです。

天候に左右されない強みを
持っているのが特徴です。
[/titled_box]

[titled_box color=”option” title=”花見弁当”]

お花見を休日の昼に楽しむなら
花見弁当は必須アイテム。

大手有名デパートで仕入れるも良し、
愛情たっぷり手作り弁当を用意するのも良し!!

お花見の食の主役『花見弁当』抜きには
お花見は語れません。

もしうっかり買い忘れたら・・・
コンビニ弁当でその場は凌ぎましょう。

でも周りが『花見弁当』で自分だけ、
コンビニ弁当だとある意味目立ちますよ!!

周りから浮いてしまうので、
『花見弁当』は確実に持って行きましょう。

そしてお酒の飲みすぎには十分注意しましょう。
[/titled_box]

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “お花見の開花時期は?穴場のお花見スポットは?屋形舟で?花見弁当?”

  1. tyarankyu より:

    お花見の開花時期は?穴場のお花見スポットは?屋形舟で?花見弁当?についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ