安倍晋三内閣総理大臣の大学で学部は?


安倍晋三内閣総理大臣

第90代・第96代・第97代内閣総理大臣の安倍晋三首相。第一次政権は短命ではあったが、民主党(現民進党)に政権を奪われたあと、民主党(現民進党)が次々にマニフェストを破り国民の怒りが爆発寸前の時に自民党の急先鋒として、ダメダメ内閣の民主党(現民進党)政権を一刀両断。

スポンサーリンク

当時に首相野田氏に解散総選挙を迫り、見事解散に追い込み総選挙に持ち込み、自民党は歴史的圧勝をし、民主党(現民進党)で冷え切った経済復活に成功した。政権奪回してから、今日至るまで安倍晋三内閣総理大臣である。

安倍晋三内閣総理大臣は政治家一家で総理大臣になる為に誕生したと言っても言い政界のサラブレットである。民主党(現民進党)政権時代東証株価が7000円台まで一気に落ち込んだものを見事にV字回復し、18000円台まで日経平均株価を戻した。

またアメリカの次期大統領ドナルド・トランプ氏といち早く会談したのは安倍晋三内閣総理大臣であり、12月に予定しているロシアのプーチン大統領とペルーで一足先に日露首脳会談を行っており、12月に山口県で行われる、プーチン大統領との会談に期待がかかっている。

大学

出身大学は成蹊大学卒業。南カルフォルニア大学中退。成蹊大学出身の有名人は、高島彩(元フジテレビアナウンサー)さん俳優の中井貴一さん、鶴見辰吾さんがいます。成蹊大学の偏差値は各学部にもよりますが、最高で60。最低で50。

学部

安倍晋三内閣総理大臣が卒業した学部は、法学部政治学科です。法律も学んでいたのは意外ですが政治学部はやはり、政界のサラブレットになるには避けては通れない学部だったということです。その結果。内閣総理大臣を3期務めています。日本の政治家のトップにここから上りつめました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ