安倍晋三【腸過敏性症候群で好支持率を依然キープの内閣総理大臣】


安倍晋三【腸過敏性症候群で好支持率を依然キープの内閣総理大臣】
さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

現在日本の命運を握っているのは
総理大臣の安倍晋三さんです。

第一次政権の時には僅か1年足らずで辞任をしました。
前任が国民から圧倒的な支持を受けた小泉純一郎氏
だった事もあり中々当時は苦労をしています。

また安倍晋三氏は第一次政権末期にはある病に悩みます。
その病とは『腸過敏性症候群』です。

休みの日は公邸から一歩も出ず、
また国会開催中でも度々トイレに駆け込む姿が目撃されています。

またある記者が回数を数えた所40回も
トイレに行っていたそうです。

しかし苦肉なもので辞任直後に特効薬が認可され、
病院で処方を受けた際に安堵の表情を浮かべたと言われています。

その後は日本の総理は1年単位で
変わる異例の事態になりました。

新薬が劇的に効いたらしく、
安倍晋三氏は再び党運営の中心になって
自民党を纏めて行きますが、
2009年の選挙で自民党は歴史的惨敗を喫します。

しかし安倍晋三氏を含めた自民党上層部は
政権奪回を試みます。

そんなさなかに『東日本大震災』が起ります。
私はその時会社の中にいましたが、
今までに感じた事のない程の激しい揺れで
このまま死ぬんじゃないかと思った程です。

そして『東日本大震災』の仮設住宅の
設置等が大幅に遅れ、
被災地からは義援金すらろくに回って来ないと
不満の声が続出します。

その後、民主党政権の支持率は急勾配し、
末期には10%まで落ち込みます。

2012年の選挙では自民党が圧勝し、
再び政権運営を任されたのが安倍晋三氏です。

積極的諸外国を飛び回り
日本との連携強化に努めます。

今では国民からの支持率も52%と
1年以上経過した今も国民の支持は依然高いです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ