ベルリンの壁【わかりやすくきっかけ?ドイツ勘違い?25周年?】


ベルリンの壁わかりやすくきっかけドイツ勘違い25周年?】
についての情報です。

スポンサーリンク

ベルリンの壁【わかりやすくきっかけ?ドイツ勘違い?25周年?】

ベルリンの壁?わかりやすく?

ベルリンの壁が崩壊してから25年が経過しました
現在、ドイツは東西に分れておらず、
統一されています。

 

わかりやすく書くと、東ドイツと西ドイツに分裂していたものが、
ベルリンの壁が崩壊したのと同時に、
東ドイツ・西ドイツの垣根がなくなり、
ドイツになりました

 

今、これにちかく、
一番わかりやすく書けるのが、
韓国と北朝鮮です。

 

今、わかりやすく書けるのは
この2つの国ですね。

ベルリンの壁?きっかけ?

ベルリンの壁の崩壊したきっかけは東ドイツ(当時)の国民が
何処にでも行っても良いとなったのがきっかけと言われています。

 

この発言を受けて東ドイツの市民がベルリンの壁を壊しました。
それまではベルリンの壁には国境警備隊がいて、
東ドイツから西ドイツに行こうとすると銃撃されていました。

 

しかし、東ドイツのどこに行っても良いをきっかけに
国境警備隊はいなくなりました。

ベルリンの壁?ドイツ勘違い?

ベルリンの壁崩壊はドイツの勘違い、
いわゆる政府が勘違いした事からベルリンの壁に国民が集結

 

あの光景に結び付いたのですが、
実は国交正常化の話は出ていなかったのですが、
ドイツの勘違いによって、
あの歴史的瞬間を迎えたのです。

 

負傷者0人の平和的解決に至ったのです。
ドイツ勘違いと今でも言われている歴史的瞬間です。

ベルリンの壁25周年?

1989年11月9日にベルリンの壁が崩壊してから25周年。
当時は東ドイツのテレビで何処の国にも行っても構わない
趣旨の発言をした所、ベルリンの壁に市民が集結。

 

国境警備隊も余りの人数の多さに戸惑い撤退。
そして市民によってベルリンの壁が壊されたのです。

 

25周年を迎えたのです。
時が流れるのは早いです。
あっと言う間に25周年を迎えました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “ベルリンの壁【わかりやすくきっかけ?ドイツ勘違い?25周年?】”

  1. tyarankyu より:

    ベルリンの壁【わかりやすくきっかけ?ドイツ勘違い?25周年?】についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ