ブラジルのレアルマドリードも!為替見通しにドル?


レアルマドリードも黙とう

スポンサーリンク

ブラジルサッカー1部リーグ シャペコエンセの選手を乗せたチャーター機が墜落し、スペインの名門サッカーチーム・レアルマドリードも練習前に1分間の黙とうを捧げた。

移動する交通手段の中で最も安全とされる飛行機が墜落してしまったのは非常に残念な出来事では済まされない。

今後は墜落に至った事故原因の究明が求められる。
飛行機の事故は1年間を通して何回か起こるが、今回の様にチャーター機が墜落するのは非常に珍しいケースと言える。

為替見通しも視界良好

携帯電話の生産が非常に良い伸びを示していり、携帯電話関連の株価が上昇。

それと同時に携帯電話の価格が低下している。
1111レアルだったものが999レアルまで大きく値を下げている。

為替見通しも視界良好で、今後はブラジル国内にカンフル剤となって、国民に還元される可能性も出てきた。

そうは言っても、どこの国もおきまりの富裕層に限っての話。
貧困層まで還元されないと全く意味がない。
これは各国と懸念事項でもある。

ドル

トヨタ自動車はブラジルでのエンジン増産を決め、1.77億ドルを投じると発表した。

サンパウロ州 ポルトフェリスのエンジン工場で、年間生産量を現行の10万8000基から17万4000基に増やす計画。

6万6000基を一気に増産する為に、1.77億ドルを投資する。
ここまで大きな投資になると失敗は許されない。

当然失敗すれば、経営陣の責任問題の言及は避けられない。
そんな事はないと判断したからこそ、1.77億ドルを投資したと言う事になる。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ