鳥谷敬【ゴールデングラブ賞常連!阪神を牽引するムードメーカー】?


鳥谷敬【ゴールデングラブ賞常連!阪神を牽引するムードメーカー】
さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

鳥谷敬さんは『早稲田大学』を卒業後、
ドラフト1位で『阪神タイガース』に入団しました。

即戦力として首脳陣を含む球団幹部は
大いに期待していました。

しかし最初の3年間は思ったような数字は残せませんでしたが、
固い守りには定評がありました。

『早稲田大学』で同期だった『ヤクルトスワローズ』の
青木宣親さんが2年目に大ブレイクを果します。

4月後半からスタメンに定着します。
そうすると右に左にセンターに打ち分ける広角打法で
打率が見る見るうちに上昇していきます。

また俊足の為、内野安打も多く『イチローの再来』とも言われます。
この年見事に首位打者に輝くと同時に200本安打も記録し、
鳥谷敬さんより先に知名度が上がります。

一方の鳥谷敬さんは三振の数が100個以上と苦戦しつつも
シーズン通して160本の安打は記録しています。

また三振の数がだんだん少なくなるに連れ
フォアボールが多くなります。

ここ3年間は78個・94個・104個と
セントラルリーグトップのフォアボールを選び、
打率もそうですが、選球眼の良さが目立つようになります。

2013年WBCにも選出されています。
元々鳥谷敬さんはホームランバッターではありません。

中距離ヒッターです。
過去最高で1年間で放ったホームランは20本です。

また『甲子園球場』は浜風と呼ばれる独特の風が流れ
左打者には圧倒的に不利と言われています。

東京ドームならホームラン間違いない打球もライトに上がると
打球が風で押し戻されフェンス一杯で捕球されてしまいます。

鳥谷敬さんの守備はショートの中では12球団一上手いと思います。
実際ゴールデングラブ賞の常連です。

最近はシャープなバッテイングを見せており、
交流戦の最中に1500安打は達成されると思います。

阪神の優勝には欠かせないキーマンです。
また鳥谷敬さんはファンを大切にし、
サインにも気さくに応じてくれる阪神を代表するプレイヤーです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “鳥谷敬【ゴールデングラブ賞常連!阪神を牽引するムードメーカー】?”

  1. tyarankyu より:

    鳥谷敬【ゴールデングラブ賞常連!阪神を牽引するムードメーカー】さんについての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ