長野久義【テレビ朝日アナウンサー下平さやかと交際の巨人核弾頭】?


長野久義【テレビ朝日アナウンサー下平さやかと交際の巨人核弾頭】
さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

入団まで余分な時間を過ごした長野久義選手。
日本大学を卒業後は社会人野球の名門『ホンダ』に入社。

その当時からバランスの取れた選手としてプロのスカウト陣も
リストアップしていましたが、『巨人以外なら何処にも入らない』と宣言。

2008年のドラフト会議でロッテが強行指名しました。
しかし、当時ロッテの指揮官だったバレンタイン監督との面談を拒否。

12月早々にロッテは指名を断念。
翌年巨人から必ず1位指名するとの言葉通り、
同年のドラフトでは巨人が単独1位指名。

無事巨人入りを果します。
余分な時間を『ホンダ』で費やした長野久義ですが、
練習量は他の誰にも負けない程、
巨人入団を信じ練習を重ねます。

そして、その甲斐あって1年目から、
レギュラー外野手の座」を掴みます。

坂本勇人選手と非常に仲が良く、
攻撃の際は席が近い事が多いです。

また、長野久義選手の守備力は幅広く、強肩な事から、
他球団は要注意リストの最高レベルに入れています。

1年目に新人王に輝きます。
長野久義選手はファンも1年目から活躍するのを予測して、
野手としては異例の応援歌が与えられました。

また、長野久義選手のバッティングスタイルの特徴は、
フォームベースからかなり離れた位置に立ちます。

このフォームに賛否両論でしたが、
原監督以下、巨人首脳陣は注文は一切出しませんでした。

2年目は壮絶な首位打者争いを『阪神タイガース』のマートン選手と争い、
見事首位打者のタイトルを獲得しています。

最終打席はサヨナラ満塁ホームランで
内海投手の最多勝が確定した瞬間でもありました。

長野久義選手には彼女がいます。
お相手はテレビ朝日のアナウンサー下平さやかさんです。
交際して4年近く経過しています。

3年目は最多安打のタイトルを仲の良い坂本勇人選手と同時受賞します。
昨年は前半戦から極度のスランプに陥り、
交流戦では打順が8番にさげらる等、
本来のバッティングは見られませんでしたが、
交流戦終盤辺りから調子を上げ、
最終的には打率は280代まで修正しました。

今年は開幕からチームと共に躍進してもらいたいですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ