菅野智之【巨人原監督の甥の関係!精密機器で抜群のコントロール】?


スポンサーリンク

菅野智之【巨人原監督の甥の関係!精密機器で抜群のコントロール】
さんについて調べてみました。

巨人の原監督の妹の息子が菅野智之さんです。
ですので原監督とは叔父と甥の関係になります。

菅野智之さんの母と原監督は実の兄弟です。
話は血縁関係の話になってしまいましたが、
肝心の野球の話を書きますね。

2011年ドラフト会議において巨人の
単独指名が確実視されるなか、
『北海道日本ハムファイターズ』が強行指名しました。

当然巨人も指名しますが、
2球団による抽選となり、結果は無情にも
『北海道日本ハムファイターズ』が交渉権を獲得しました。

子供の頃巨人の4番原辰徳さんは自慢の叔父で、
どうしても一緒に野球がしたい巨人に入りたいとの
思いが年々強くなって行きます。

『北海道日本ハムファイターズ』へ入団拒否の意向を伝え、
1年間の浪人生活を送ります。
1年間実践登板が無いのは辛かったと思いますが、

菅野さんは母校・東海大学で黙々と投げ込み、
走りこみや筋トレにはげみました。

2012年ドラフト会議では巨人が単独1位指名に成功し、
晴れて『読売ジャイアンツ』の一員となります。
血液型はA型だそうです。

菅野投手の武器は何と言っても『精密機器』と
呼ばれる抜群のコントロールの良さ。

そして最速150キロのストレートにカーブ・スライダー
ツーシーム・ホークボールと実に多彩な変化球を
コーナーの隅々に投げわけます。

新人王は確実と言われていましたが、
ヤクルトの小川投手に前半戦終了時で
勝ち星で2つリードされます。

ルーキーイヤーの昨年は13勝5敗と堂々たる成績を残しますが、
小川投手は16勝をあげ、最多勝のタイトルも取ってしまいます。

結局新人王は小川投手がとります。
しかし異例の新人特別賞を阪神の藤波投手と共に受賞します。

年俸も1500万から7000万円に大幅アップします。
今年は内海投手・杉内投手と共に開幕投手の座を争っています。

今年は昨年以上の活躍をすれば
チームのリーグ3連覇も見えてくるでしょう。

ぜひ開幕投手の座を獲得してほしいですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ