武幸四郎が調教師試験に合格!武豊との現状は?


調教師試験合格者に武幸四郎騎手

スポンサーリンク

来年度の調教師試験合格者の名前の中に武幸四郎騎手の名前があった。

まだまだ騎手としては、十分やっていけるだけの年齢だが、調教師としての道を選択。

来年2月を持ってジョッキー生活に別れを告げ静かに鞭をおく。

正直、武幸四郎騎手が調教師試験を受けていたのは意外だった。

ジョッキーとしては、実兄・武豊騎手の存在が大きく、騎乗技術などは賢兄には及ばないのは紛れもない事実。

今まで散々、賢兄愚弟と揶揄されてきただけに、良い潮時だったのかも知れない。

日本競馬界のパイオニア 武豊

言わずしれた日本競馬界のパイオニア。
そんな偉大な兄を持つ武幸四郎騎手。

調教師に転身するのには、当然実兄の武豊騎手には相談していた可能性が高い。

武ブラザーズの競演が見られるのも、後3カ月弱になってしまった。

武豊騎手は実力で騎乗馬を確保するタイプ。
武幸四郎騎手は主に懇意にしている馬主から騎乗依頼をもらうタイプ。

武豊騎手も武幸四郎騎手もメイショウの冠で有名な松本オーナーに良い馬を回してもらっている。

現状

今週の武幸四郎騎手の騎乗予定馬は僅か3鞍。
いずれも平場のレース。

一方、武豊騎手は土曜日だけで9鞍に騎乗。
日曜日は香港での騎乗を控えている為、メインレース終了後は速やかに空港に向かい香港へ向かう。

武幸四郎騎手と武豊騎手を比べてしまうのは少し気の毒だが、これが勝負の世界。

弱肉強食である。
そんな武幸四郎騎手も武豊騎手が出来なかったデビュー週で、いきなり重賞勝ちと言う離れ業をやってのけている。

しかし、今となって下火状態。
ここで調教師への転身を考えたと思われる。
調教師試験は非常に難関。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ