桧山進次郎【かつら?成績や年俸?嫁の血液型や家族?本サイン会】


桧山進次郎かつら成績年俸血液型家族本サイン会
についての情報です。

スポンサーリンク

桧山進次郎【かつら?成績や年俸?嫁の血液型や家族?本サイン会】

桧山進次郎はかつら?

桧山進次郎氏は阪神暗黒時代を知る人物。
阪神は日本一になった翌年から迷走します。

 

日本一になった時にはバース・掛布・岡田と言う
超強力クリーンナップがいました。

 

そんな中、90年代に入り入団した桧山進次郎氏。
一部の週刊誌ではかつら騒動がありました

 

実際に桧山進次郎氏はかつらは着用していたかは謎ですが、
プロ野球選手は隠す事を嫌うのが嫌いなので、
古くは衣笠。

 

今だと、中日・和田のように、
かつらを着用せず頑張っています。

桧山進次郎の成績?

1996年から2004年までは主力として活躍
中距離打者として活躍しました。

 

その打撃センスは天性の物がありましたが、
若干、故障に泣かされる部分もありました。

 

ホームランは年間23本が最高です。
成績としては十分主力として活躍したと言える数字です。

 

2005年以降は成績が下降。
しかし、チームは桧山進次郎という選手を必要としました。

 

その後、代打の神様として成績を残し、
引退をします
愛称はヒーヤン。

桧山進次郎の年俸?

契約金6000万円で阪神タイガースに入団
2000年以降は巨人・中日と熾烈な覇権争いを繰り広げますが、
優勝は2003年と2005年だけ。

 

後は巨人と中日で、特に2007年以降は巨人リーグ優勝3連覇を飾り、
セリーグを牽引している。

 

そんな中、桧山進次郎は最高年俸は1億2千万円と
年俸の面でも主力として認められていました

 

桧山進次郎が代打1本に絞った時の
年俸は4000万円前後でした。

桧山進次郎の嫁?血液型?家族?

桧山進次郎の嫁の評判が芳しくありません。
何でもパチンコ会社の社長の娘らしいです。

 

そして在日らしいです。
家族も皆、帰化しないと在日のまま、
血液型だけが良く分からなかったです。

 

皆さんも血液型をしりたいんでしょうね。
嫁さんの家族は子供ですから、
関係ないですね。

 

嫁は桧山氏本人が選んだのですから、
外野がとやかく言う事ではありません。

 

家族も大事にしています。
そして謎の家族の血液型。
引退しても注目度の高い選手です。

桧山進次郎?本サイン会?

この手の本のサイン会はお手の物、
キャンプではサインをたくさん求められます。

 

本を出版すると、
たくさんの阪神ファンが購入し、
本のサイン会は大盛況でした

 

本のサイン会で、ここまで注目を
集めるのも人気の証です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ