春の選抜高校野球2015!優勝候補筆頭の大阪桐蔭・浦和学院が敗退


春の選抜高校野球2015優勝候補筆頭大阪桐蔭浦和学院敗退!?
についての情報です。

スポンサーリンク

春の選抜高校野球2015!優勝候補筆頭の大阪桐蔭・浦和学院が敗退

春の選抜高校野球が明日決勝を迎えます。
今日行われた準決勝2試合で、
共に番狂わせが起きました。

 

まず第1試合。
大阪桐蔭 対 敦賀気比の一戦
ここでとんでもない記録がでます。

 

豪打の大阪桐蔭の上をいったのが敦賀気比打線。
ここで輝きを放ったのは敦賀気比の松本選手

 

2打席連続満塁本塁打と言う離れ業をやってのけました。
1試合8打点は大会新記録

 

2打席連続満塁本塁打を打つには打順の巡りなどが重要です。
そこで2打席連続で満塁本塁打を放つのですから、
松本選手は持っています。

 

完全にこの2発で大阪桐蔭は完全に戦意喪失。
11対0とまさかの大敗をきしました。

 

敦賀気比がまず決勝戦への切符を手に入れました。
そして、準決勝2試合目は因縁の対決。

 

昨秋の明治神宮大会で戦った浦和学院と東海大四高の戦い
その明治神宮大会では浦和学院の猛打が爆発で、
10対0のコールド勝ち。

 

当然、浦和学院が圧倒的に優位に試合を運ぶと思われましたが、
今日の東海大四高は一味違いました。

 

浦和学院のエース江口を攻略。
3対1で浦和学院を撃破。

 

浦和学院は準々決勝で、
今大会ナンバー1投手・高橋投手を擁する
県立岐阜商を5対0で撃破。

 

その勢いのまま迎えた準決勝。
昨秋の明治神宮大会からの力関係から考えても、
圧倒的浦和学院優位の試合。

 

しかし、甲子園はそんなに甘いものではありませんでした。
これこそが高校野球の面白い所です。

 

東海大四高は守備でも攻守が光り、
昨秋の明治神宮大会の悔しさを一気に晴らした形です

 

これで優勝候補筆頭の大阪桐蔭・浦和学院が敗れた事によって、
明日4月1日に行われる決勝戦は敦賀気比と東海大四高の一戦です。

 

どちらが勝っても初優勝です。
選抜甲子園で甲子園球場を明け渡しているプロ野球阪神タイガースも、
来週、甲子園に初登場します。

 

敦賀気比の猛打が爆発するか?
それとも守りの東海大四高か?

 

プレイボールは明日、4月1日12時30分です。
どちらが勝っても初優勝。
がっつり四つに組み合った戦いになりそうです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “春の選抜高校野球2015!優勝候補筆頭の大阪桐蔭・浦和学院が敗退”

  1. tyarankyu より:

    春の選抜高校野球2015!優勝候補筆頭の大阪桐蔭・浦和学院が敗退についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ