星野仙一【同期で山本浩二や田淵幸一!楽天で日本一で打倒巨人?】


星野仙一【同期で山本浩二や田淵幸一!楽天で日本一で打倒巨人?】
さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

星野仙一さんは中日ドラゴンズに入団するまでは
ずっと巨人に憧れていました。

そして巨人からもドラフト1位で指名すると
確約まで貰っていましたが、
巨人は何とドラフトで指名しなかったのです。

結局中日に入団しますが、
それ以来打倒巨人一心でマウンドに向かいます。

この年の同期に広島の山本浩二さん。
阪神の田淵幸一さんがいます。

この3人は今でも親交が深く時折
3人揃って食事に行く仲です。

星野仙一さんは巨人戦になると球速が
いつもより5キロは速いと言われる程、
巨人に対して対抗心丸出しで向かっていきました。

星野さんが絶好調の時ではON砲でも凡打の山を築くなど、
とにかく巨人にだけは負けない負けたくないの一心で野球を
してきたと言っても良い位巨人戦には人一倍対抗心を持っている投手でした。

また野手の凡ミスもこの頃から嫌いなのは有名で、
今では珍プレー好プレーの伝説となった宇野さんのがおでこに
当てて打球を落とすシーンでは、
星野さんはグラブを叩きつけています。

現役引退後は3球団の監督を務め、
いずれも優勝に導いていますが
昨年楽天で初めて日本一の美酒を味わいました。

良くマスコミが星野仙一さんと坂本冬美さんの間に
隠し子がいる等報道されましたが、
実際は本人達でしかわかりません。

星野仙一は基本的に野球以外の質問には答えません。
たまに機嫌の良い時は趣味のゴルフの話で
記者達と談笑する事はあります。

中日の監督の時は鉄拳制裁で
周りの選手を震え上がらせました。

一方で阪神の監督に就任した頃から
大分穏やかになった印象があります。

中日でも阪神でもリーグ優勝は果たしましたが、
何れも日本一には後僅かな所で届きませんでした。

星野仙一さんは選手と監督だった関係だった落合博光さんに
監督同士として交流戦を戦った時に試合前談笑を交わすなど、
かつての確執は今や昔のようです。

そして楽天の監督に就任したした際、
この様な金言を残しています。

迷ったら前へ。苦しかったら前に。つらかったら前に。
後悔するのはそのあと、そのずっと後でいい。
素晴らしい言葉ですね。
こうして時折他の監督が言わない事を星野仙一さんは語ります。

そして昨年遂にリーグ優勝を果たし、
クライマックスシリーズの突破し、
日本シリーズに駒を進めます。

相手は宿敵巨人でした。
激闘を繰り広げた結果4勝3敗で日本一の座を遂に手にします。

まだ東日本大震災の影響が残る人たちにも勇気を与える日本一でした。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ