広島カープ 神ってるのtシャツに流行語大賞に鈴木誠也!!


広島ファンで必須アイテムのTシャツ

スポンサーリンク

今では広島ファンの中では持っていなくてはならない神ってるのTシャツ

デザインは非常にシンプルながらも、神ってる試合が余りにも凄すぎた為、デザインはシンプルです。

広島ファンの中では必須アイテム。
広島東洋カープの本拠地・マツダスタジアムは真っ赤で染まりますが、この中に意外と多いのが神ってるTシャツを着ている人がいます。

夏などはピッタシですが、秋は気温が下がって、少し寒かったかも知れませんね。

日本シリーズの時も神ってるTシャツを着ている方も多くみられました。

神ってるが流行語大賞

神ってる流行語大賞に選ばれ、様々な反応をみせています。
広島ファンは取って当然。

それ以外の球団のファンは全然流行していないのに何故?と、広島ファン以外は否定的な意見が圧倒的に多かったのは事実です。

広島の内輪ネタではないか?
そういった声が非常に多く聞かれます。

確かに神ってるは広島限定の言葉だけに、流行も一部と考えるのが妥当でしょうね。
【メークドラマ】とは重みが違いすぎますね。

鈴木誠也選手の活躍

大谷世代の鈴木誠也選手。
今シーズン一気にブレイクしました。

最後まで首位打者を読売ジャイアンツの坂本勇人選手と争っていましたが、経験値の差で、坂本勇人選手が逃げ切りました。

ただし球界の超1流プレーヤーの坂本勇人選手と首位打者争いを演じたのは大きな収穫になったはずです。

神ってるの原点になったのが鈴木誠也選手。
交流戦のオリックス戦では2試合連続サヨナラアーチ。

そして3戦目は決勝アーチを放ち、ここから神ってると言う言葉が生まれました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ