北澤豪【現在は日テレサッカー解説者で元日本代表ミッドフィルダー】


北澤豪【現在は日テレサッカー解説者で元日本代表ミッドフィルダー】
さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

北澤豪さんはJリーグ創設時1993年から引退する2002年まで
『読売ヴェルデイ』一筋の攻撃型ミッドフイルダーです。

当時は今と違いJ2もなくチームも
10チームしかありませんでした。

その黄金期を三浦知良さんと共に
支えたのが北澤豪さんです。

その他にも武田修宏さんも在籍しており
当時はJリーグ1の人気チームでした。

1997年ワールドカップ最終予選を日本は見事に突破し、
翌年1998年に行われるワールドカップの
切符を見事手にしました。

1994年大会は最終予選で(ドーハの悲劇)で破れ、
後一歩の所で切符を逃していました。

このドーハの悲劇はロスタイム中のセットプレーで
得点を失い日本は大きな魚を逃しました。

2度と同じ過ちだけはしないと
挑んだ1998年大会の最終予選。

予選突破が決まるとサッカーファンはどんちゃん騒ぎをしました。
しかし開幕直前のフランスでの合宿後に三浦知良さんと共に
代表メンバーから外されると言う苦渋を飲まされます。

ワールドカップはサッカーをする少年達の夢の舞台であり、
当然激しい予選を勝ち抜いた北澤豪さんは
相当なショックを受けたと言います。

確かにベンチ入りの人数は決まっており、
どうしても3人は外さなければいけない究極の決断でしたが、
あと少しで叶うはずだった夢から
遠ざけられてしまいました。

現在は日本テレビのサッカー解説者として
活躍しています。

ワールドカップ関連の取材は辛いものがあるでしょう。
その雑念を胸の奥にしまいこみ
積極的に取材を行っています。

ワールドカップ関連の取材は当然多くなります。
今年の6月にもう開催は迫っています。

日本はどこまで躍進出来るか等を番組内で
詳しく解説する姿には本当に頭が下がります。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ