サトノクラウンとモレイラ!香港ヴァースで快挙?


サトノクラウンが最終戦に選んだのは香港ヴァース

スポンサーリンク

今年のサトノクラウンは3戦して、最高着順が6着と、本来の走りが出来ず、精彩を欠いていた。

その他の2戦が12着と14着と惨敗している。
そのサトノクラウンが今シーズン最終戦に選んだのは香港ヴァースだった。

ここで大方の見方は掲示板に載れば良い方と言う見方が大半。

何と言ってもここには不動の本命馬・キングジョージ。
BCターフを勝ち、凱旋門賞も2着のハイランドリールがいた。

断然の1番人気の強敵。
今年のサトノクラウンの成績ではとてもハイランドリールに敵わない。
同じ土俵にすら上がらないと思われていた。

サトノクラウンとモレイラ?

しかし、そこには一人サトノクラウンの能力の高さを信じていた一人の騎手がいた。

マジックマンの異名を取るモレイラ騎手だ。
ここでモレイラマジックが炸裂する。

ここまでの流れだと、直線で失速するが今回は違った。
モレイラ騎手はサトノクラウンのギアをトップに入れ、絶対的王者・ハイランドリールを遂にゴール前で捕らえて、1着でゴールインした。

香港ヴァース

香港ヴァースで日本馬が勝利するのはステイゴールド以来となった。
実に15年もの月日が経過していた。

ハイランドリールはまさか足元を掬われるとは思わなかっただろう。

サトノクラウンの快挙

サトノクラウンの激走は正しく快挙と言っていいだろう。
香港Cではモーリスが圧勝した。

ここにハイランドリールが出なかった理由はモーリスの存在があったのは間違いない。

確勝を期して、香港ヴァースを選択。
しかし、ここでも日本馬・サトノクラウンが奇跡の走りを見せ、ハイランドリールのタイトルを見事奪い取った。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ