ゴジラ松井【12年振りに臨時打撃コーチとして帰ってきた】?


ゴジラ松井【12年振りに臨時打撃コーチとして帰ってきた】
さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

2月1日から12球団一斉にスタートした春季キャンプ。
その中でも最も注目を集めているのがリーグ3連覇、日本一奪回を目指す巨人。

巨人は臨時打撃コーチとして、松井秀喜氏を招聘しました。

松井氏は、高校3年の夏、5打席連続敬遠をされるなど、
その長打力にはプロのスカウトもゾッコン。

同年のドラフト会議で4球団が競合し、
当時巨人の監督だった長島監督がクジを引きました。

因みに、一番最後に残ったクジでした。
長島監督がサムアップのポーズを取り、見事巨人が交渉権を獲得しました。

松井氏は、1年目から頭角を現し、
2年目からはレギュラーに定着。

松井氏は巨人在籍時代、首位打者1回。
ホームラン王3回・打点王3回と堂々たる成績を残し海を渡り、
メジャーリーグの名門『ニューヨークヤンキース』でプレイ。

初ホームランが満塁ホームランとド派手なデビューを放ちます。
また2009年のワールドシリーズでは大活躍し、日本人初のMVPを獲得します。

その後は、他球団を渡り歩き昨年惜しまれつつ引退をしました。
そんな、松井氏は巨人の選手に打撃の技術を伝授しています。

また、1歳年下の高橋由伸選手とは非常に仲が良いです。
松井氏が臨時コーチに決まった際には、
話したい事が山ほどあると語っています。

若手には打撃術の伝授は勿論、
精神論をしっかりと巨人の選手に叩き込んでいます。

松井氏がノックを行った際、
左打席ではなく、右打席で行いましたが、
ボールが上手く飛びません。

ファンからは苦笑いとヤジを飛ばされる一幕もありました。
昨日は、松井氏は自らバッティングゲージに入り、
軽々とスタンドにボールを叩き込みました。

巨人の選手が、松井氏の打撃理論を発揮出来るかが、
優勝の鍵となりそうですね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “ゴジラ松井【12年振りに臨時打撃コーチとして帰ってきた】?”

  1. tyarankyu より:

    12年振りに臨時打撃コーチとして帰ってきたゴジラ松井さんについての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ