2025年問題【地域包括ケアシステム?医療対策?高齢化率?】


2025年問題地域包括ケアシステム医療対策高齢化率?】
についての情報です。

スポンサーリンク

2025年問題【地域包括ケアシステム?医療対策?高齢化率?】

2025年問題の地域包括ケアシステム?

2025年問題 地域包括ケアシステムは
2025年に団塊の世代800万人が75歳以上になります

 

65歳以上の人口は現在3000万人以上もいます
ピークと言われているのが2042年の4200万人。

 

それ以降も増加の傾向を辿ると見られています。
そこで地域包括ケアシステムの登場です。

 

地域の包括的な支援・サービス提供体制を充実させたのが、
地域包括ケアシステムです

 

今後、この地域包括ケアシステムは
徐々に知名度が上がってくると思います。

2025年問題の医療問題?

医療 2025年問題は2025年に後期高齢者が激増し、
医療費が莫大な額に膨れ上がるのが医療問題です

 

このままの体制だと、
パンクするのではないかと見られています。

 

団塊の世代が75歳以上を800万人も迎え、
高齢者の医療費は2・4倍まで、
膨れ上がるとされている医療問題。

 

2・4倍はかなり大きいですね。
下手したら医療費の負担が5割とかに、
なっているかもしれないのが医療問題です。

2025年問題対策?

2025年問題の対策。
これだけ高齢者が増えると、
行政の立場でも対策をしなければいけません。

 

一番力を入れなければいけないのは
孤独死を防ぐ対策です。

 

何せ高齢者800万人が一気に増えるわけですから、
この2025年問題。

 

後11年の猶予はありますが、
悠長に構えている訳にはいきません。
しっかりと早い段階で対策を練らないといけません。

2025年問題?高齢化率?

2025年問題の高齢化率は2013年は25%でした。
この数字は毎年上がっていきます。

 

天井はどこなのか?
全く見通しが付きません。

 

原因は少子高齢化社会が進む事が
高齢化率に拍車をかけています

 

この状態が続くと、日本沈没寸前まで、
ゆくゆくは行く可能性があります。

 

まずは高齢化率をある程度の段階で、
歯止めをかけないと大変な事になります。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ