2017のJRAの正月競馬で変則日程にWIN5?


正月競馬

スポンサーリンク

競馬サークルの基本呈な休みは月曜日のみです。しかし、今年は有馬記念から金杯までの期間が10日以上も空いたので、厩務員さんや調教助手さんも例年以上に休みを取れたと思います。そうこうしている間に2016年から2017年に年が変わり。正月競馬の風物詩レース中山金杯・京都金杯が開催されました。中山金杯はツクバアズマオーが、京都金杯はエアスピネルがそれぞれ勝ちました。どちらも斤量は56.5キロでした。今年はハンデが重たい馬が優勝しました。去年は荒れた京都金杯も今年は小波乱どまり。中山金杯も順当決着でした。

変則日程

今年の変則日程は競馬記者泣かせです。金杯の出馬表の発表が1月3日16時。枠番確定が4日10時。土日の開催の出馬表の発表が1月5日の16時。1月7日の枠順確定が1月6日の午前10時1月8日の枠順確定が1月7日の午前10時です。これを一般の人が見たらなんの事だ・・・となります。とにかく変則日程で金杯当日はまだ最終レースが残っているのにも関わらず、16時に出馬表が確定すると言った記者泣かせの1週間なのです。これがあるのは正月開催だけです。

WIN5

この正月開催はWIN5の発売も変則です。1月5日金杯当日は木曜日ながらWIN5の発売あり。結果は人気馬独占で配当は20000円台とお年玉にはならず。7日の土曜日は発売がなく、8日の日曜日は発売があります。8日の日もまさかガチガチ配当のWIN5になる事はないでしょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ