駐車場事故の割合と対応!コンビニや保育園での子供事故?


駐車場事故割合対応コンビニ保育園での子供事故
についての情報です。

駐車場事故の割合と対応!コンビニや保育園での子供事故?

スポンサーリンク

駐車場事故は意外と多い。

ちょっとした買い物でコンビニに
立ち寄って、おやつや雑誌を買って
帰ろうと思った時に、バックで
車を出す時に、他の車と接触して
駐車場事故を起こしてしまった。

 

逆に駐車場に入ろうとしたら、
バックで急に出てきた車と
事故を起こしてしまった。

 

こんなケースの事故はかなりの
数で発生しています。

 

先の例で、後者のケースの駐車
場事故の場合の対応はまずは
保険会社に入ってもらって解決
することをおすすめします。

 

示談では必ずこじれることに
なるので、早い段階で対応を
おおまかせしてしまったほうが、
後々楽になります。

10:0はあり得ない?

完全に相手側に非がある場合
でも、駐車場事故では10:0
となることはほとんど
ありません。

 

もらい事故であっても、
不注意で多少なりとも非がある
という判断がされてしまいます。

 

これは駐車場事故だけでなく、
一般道での事故と同じ考え方が
適用されるからです。

保育園近くは絶対注意!

どんなに注意していても、
事故を起こすリスクは
発生してしまいます。

 

特に多いのが保育園近くでの
子供事故です。

 

ボール遊びしている保育園生
が車道に飛び出してきて、
はねてしまうという事故
よくあるケースとして、
色々な教材で使われるテーマです。

 

子供事故で多いのは駐車場等で
車の後ろに小さな子が死角と
なって見えない状態で車を動かし、
子供事故を発生させてしまう
ケースも多いのが実情です。

 

子供事故を起こさないためには
保育園近くを通行する場合は、
無駄でも減速して子供が飛び
出てもすぐに止まれる環境を
作ることです。

 

よく、「かもしれない運転」
という言葉が使われていますが、
飛び出してくるかもしれない
と常に考えて運転することが
重要になります。

 

また駐車同等で車を動き出す
場合は、面倒でも車の後ろを
確認してから発車することを
おすすめします。

 

バックカメラがあれば、
車内でも確認することが便利
なので、取り付けも検討する
ことをおすすめします。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “駐車場事故の割合と対応!コンビニや保育園での子供事故?”

  1. tyarankyu より:

    駐車場事故の割合と対応!コンビニや保育園での子供事故?についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ