赤ちゃんの熱中症の症状!発熱があればすぐに病院へ行くべし??


赤ちゃん熱中症症状発熱があればすぐに病院行くべし??
についての情報です。

スポンサーリンク

赤ちゃんの熱中症の症状!発熱があればすぐに病院へ行くべし??

近年良く耳にするのが、
赤ちゃんをエアコンの
かかってない車において、
パチンコ等をして、熱中症に
よって命を落とす赤ちゃんが
増えています。

 

赤ちゃんの熱中症の症状は
通常の子供より複数の症状
が現れます

 

発熱の前に、機嫌が不機嫌になり、
おしっこの量が少ない、
顔の皮膚がいつもより赤い!

 

意識が混濁していて、
呼びかけに反応しない等、
ここまで症状が揃うと、
すぐさま119番通報です。
熱中症の可能性大です。

 

赤ちゃんは言葉を話す
事が出来ません。

 

その為、鳴き声等で発熱しているか
どうかを確認しなければいけません。

 

赤ちゃんは自分の症状を
話す事ができませんから、
親御さんの的確な判断が必要です。

 

とにかく少しでもおかしいと
感じたら、赤ちゃんの場合は
直ぐに病院にいかなければ
いけません

 

発熱している段階で、
病院に行かないと、
後々、致命傷になり兼ねません。

 

赤ちゃんは泣いてシグナルを
発する事しかできません。

 

まず体温を常時はかりましょう
症状は暑さで体内に蓄積
されている熱量が増加して、
放出量が間に合わなくなります。

 

こうなると熱は上がる一方で、
赤ちゃんの症状の中では
トリアージが悪くなってしまいます。

 

そうなる前に赤ちゃんの発熱を
軽視する事は厳禁です。

 

熱射病には4つのパターンが
あります。

 

熱失神・熱けいれん・熱疲労
そして最後に熱射病です。

 

この4つのカテゴリーに
分けましたが、どれにも
共通している事があります。

 

それは場合によっては
死んでしまう事があります。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ