虚血性心不全は風呂で起こる!原因と症状は?


お風呂場で?

スポンサーリンク

ヒートショックいよって、虚血性心不全を引き起こす事があります。特に冬場は、風呂場と脱衣場に部屋との温度差がかなりある事が多いです。出来るだけ、風呂場を温かい状態にして、温度差を少なくするようにしましょう。特に冬場は温度差が大きいのでこれからの時期は要注意です。ヒートショック以外にも風呂場では気をつけなくてはいけません。浴槽内で死亡する原因の第3位が、虚血性心不全です。余り熱いお湯には浸からず、
39度から40度くらいのお湯に浸かりましょう。

原因は?

生活習慣病を発症している人は特に注意が必要になってきます。極端な食生活を改善させ、なるべく野菜を多く取るなどの努力が必要です。高血圧・糖尿病・異常脂質・タバコに飲酒動物性食品の取り過ぎなどが主な原因にあげられています。発症しやすいのは40歳から50歳の働き盛りの人。心筋梗塞や狭心症の人は直ぐに病院に行きましょう。そして専門医によって正しい治療を受けましょう。

症状

虚血性心不全は心筋梗塞・狭心症のことをまとめて言います。急性心筋梗塞の場合は前兆が殆どのない事が多いです。狭心症の発症は前兆があります。動いた時に胸が痛くなる。喉が詰まるような感じがする。左胸や左腕がだるく感じる。しかし、狭心症の場合は安静にしていると、これらの症状が治まってしまう事が多いです。心筋梗塞の症状は、胸やみぞおちを圧迫する様あ痛み。背中の中心部や左肩から背中にかけての痛み。吐き気。奥歯や下あごの痛み。左手の小指の痛み。冷や汗や呼吸困難です。この様な症状が出たら迷わず救急車を呼んだ方がいいでしょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ