舌腫瘍【白板症の原因理由は?手術で治療の予後は?生存率は?】


舌腫瘍白板症原因理由は?手術治療予後は生存率は?】
についての情報です。

スポンサーリンク

舌腫瘍?白板症?

白板症は舌が白くなり、
腫瘍になる可能性が高い病気です

 

通常舌は赤いですが、白板症になると、
かなり違ってきます。

 

最初は患者さんも全く病気だと
気が付かない事が多いようです。

 

病気が進んで来ると、舌の赤い部分と
白い部分の差がはっきりとわかります。

舌腫瘍の原因や理由?

舌腫瘍の原因と理由はアルコールと
喫煙の関係が明らかになっています

 

アルコールとタバコ両方飲んだり、
吸ったりする人はかなり注意が必要です。

 

毎日舌を鏡でチェックする等して、
変化がないか確認する必要があります。

舌腫瘍?手術?

舌腫瘍を完治させるには手術が1番有効的です
腫瘍部分を完全に切除します。

 

手術時間は1時間~2時間とされています。
舌腫瘍も原因と理由はアルコールと
タバコとの因果関係が強いので、
アルコールを飲む人と飲まない人では
発生確率が大きく違います

舌腫瘍?治療?

舌腫瘍【白板症の原因理由は?手術で治療の予後は?生存率は?】

この病気の治療方法は手術の他に
放射線療法があります。

 

そして抗がん剤治療があります。
治療はその人によって違います。

 

本人の希望を尊重して治療を行います。
病気が病気ですから、
治療をする医師も非常に気を使います。

舌腫瘍?予後?

肝心なのは手術等をした後の予後です。
ここがかなり重要です。

 

手術を行った後にいかににケアするかが重要です。
ここが予後の非常に大切です。

 

予後をしっかり治療する事で、
かなりその人の人生が変わると言ってもいいでしょう。

舌腫瘍?生存率?

舌腫瘍の5年生存率は
52パーセントから83パーセントです。

 

悪性腫瘍の中で5年生存率83パーセントは
かなり生存率の高い数字です。

 

ここまで生存率が高いのは
医学の進歩の証です。

 

中々、以前は悪性腫瘍だと、
死ぬ病気と言うイメージが強かったですが、
今は違います。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “舌腫瘍【白板症の原因理由は?手術で治療の予後は?生存率は?】”

  1. tyarankyu より:

    舌腫瘍【白板症の原因理由は?手術で治療の予後は?生存率は?】についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ