発達障害者支援法の種類と診断病院!?


発達障害の支援法

スポンサーリンク

今、発達障害の支援法に関して様々な難題が噴出しています。
発達障害の家族を持つ家庭の人にとってみたら気が気じゃありません。

弱者救済法案こそ、早急に改革し法案成立に持っていかなければいけません。

この法案で反対に回る政党はないでしょう。
何でも反対する共産党ですら賛成に回ると思います。

それだけ弱者救済と言うのは非常に重要な事なのです。
国会では12月2日にカジノ法案を審議時間6時間で強行採決をしてしまいました。

ある野党幹部は数による暴挙だと言い放ちましたが、その背景には現在の内閣支持率が高い事があります。

発達障害の種類

発達障害にも種類が幾つかあり、それぞれ治療法が異なります。
今では発達障害の子供の為の塾もあり、発達障害だから仕方がないと思っていた家族も前向きに取り組めるようになりました。

ここは非常に大きく前進したポイントですね。
発達障害だからと言って、引け目を感じる必要はありません。
皆、人間平等です。

確かに、時にはキレイごとで片づけられない事があるのも事実です。
しかし今は発達障害に関してはかなり前進しています。

電話で診断病院の医師が相談

現在は発達障害に関する悩みを現役の医師が24時間電話で相談に応じてくれる相談室もあります。

発達障害の診断には病院に行かなければ確定診断は出来ません。

出来れば施設の整った大学病院がいいでしょう。
診断する病院は大学病院の他にも大きな総合病院でも確定診断を受ける事は可能です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ