産休はいつから!産休の手続きや期間!手当の制度について?


産休いつから産休手続き期間手当制度について?
の情報です。

スポンサーリンク

産休はいつから!産休の手続きや期間!手当の制度について?

産休はいつから取ることができる?

女性にとって人生の一大イベント
である出産ですが、多くの企業では
手続きを取れば産休の制度を設けて、
出産をサポートしてくれます。

 

産休をいつから取得できるかと
いうと、労働基準法では出産予定日
の6週間の期間の産前休業
(多胎妊娠の場合は14週間)と、
出産の翌日から8週間の期間の
産後休業を取得できることに
なっています。

 

出産経験の多いママであれば
なんとなく感覚がつかめるもの
ですが、新米ママの場合は
不安でいっぱいです。

 

実際には産休に入る前から、
有給休暇も使用しながら、
出産に備えるケースが多いです。

産休の手続きは?

産休を取る場合、雇用されている
会社に産休の申請をすることに
なります。

 

申請までの期間としては、
法律では休業開始の1か月前
までに申請する必要があります。

 

法律上では申請書に関する
要求はないので、各会社で用意
された申請書で手続きを取ります。

 

産休は法律上で取得を義務付けた
ものですので、申請を受ければ
企業側は取得させなければ
なりません。

 

産休取得が決定した後は、
休暇時の仕事のやりくりなども
考えなければなりませんので、
早めに申請した方が良いです。

手当の制度は?

産休を取ると、当然その間は仕事を
していないので、給料を得ることが
できません。

 

共働きの夫婦であれば、
旦那さんの収入で何とかなりますが、
シングルマザーの場合は収入が
途絶えてしまうのは致命的と
なります。

 

そこで日本では産前産後の生活を
支えるために、健康保険から
出産手当金という形で手当が
支給される制度があります。

 

これは標準報酬日額の2/3を、
休んだ日数分受けとれる制度と
なります。

 

期間は出産日以前42日
(多胎妊娠の場合は98日)から
出産日の翌日以降56日の
間支給されます。

 

出産手当金は産前分、
産後分で分割して申請することも
可能となっています。

 

これは非常にありがたい
制度ですよね!

 

但し、国民健康保険に加入の方は、
残念ながら対象外となってしまい
ますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “産休はいつから!産休の手続きや期間!手当の制度について?”

  1. tyarankyu より:

    産休はいつから!産休の手続きや期間!手当の制度について?についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ