熱中症対策キットがみなさんの命を守る!?


熱中症対策キットがみなさんの命を守る!?
についての情報です。

スポンサーリンク

熱中症対策キットがみなさんの命を守る!?

地震の際には昔から対策キットが
ありましたよね。

 

小学校の時に消防署の人が来て、
色々説明してくれたのを
覚えています。

 

そして震度6を体験出来る起震車に
体験で乗ったのですが、物凄い揺れで
子供心ながら、凄い揺れるんだなと
思いました。

 

震度6の怖さをもろに感じました。
しかし東日本大震災の時、
私は東京都内にいました。

 

その時感じた揺れは起震車で
体験したものよりも強烈に
感じました。
震度5強です。

 

直ぐにコンビニの食品は
品切れを起こしました。

 

被災地東北ではなく、東京都内で
このパニック状態です。

 

熱中症との関連性は薄いですが、
対策キットはこの時重宝されました。

 

このように前もって準備しておけば、
いざと言う時に万全の状態で挑めます

 

熱中症の場合は意外と用意して
いる人が少ないです

 

今は様々な店舗で熱中症対策キット
が販売されています。

 

その中身は叩くと直ぐ冷える冷却
パットや体温計等、熱中症に
なった時に、非常に役にたつものが
詰め込まれています

 

中には塩分を含んだ飲み物
まであります。

 

時代はかなり変化しました。
大分、危機管理が悠長な日本人
にもしみついてきました。

 

本当は先進国ですから、もっと
進んで実行しなければいけない
んですが・・・。

 

中々、一度痛い目にあってみないと
日本人はどうも理解しない
ふしがあります。
それでは遅いのです。

 

この熱中症対策キットの存在が
どれだけの生命を守るか知らない
人が多すぎます。

 

パニックになって使い方がわからない
とかならまだわかります。

 

一般的に日本人は熱中症対策キット
そのものを購入しようしません。
ここが大きな問題点です。

 

うちは大丈夫!!
その根拠のない自信がある人が
実は一番危険です。

 

本人は絶対に熱中症にならないと
思っていますから、この時点で
イエローカードです。

 

少し熱中症を重い病気として
捉える必要性があります

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ