熱中症の症状やチェック方法!喉が渇いたは危険信号?


熱中症症状チェック方法喉が渇いた危険信号
についての情報です。

スポンサーリンク

熱中症の症状やチェック方法!喉が渇いたは危険信号?

熱中症は主に脱水症状から
引き起こされる症状です。

 

今は以前と比べて、積極的に
子供達に水分補給をさせていますが、
喉が渇いたなと思った時が
危険信号です。

 

喉が渇くと言う事は
水分が不足しています。

 

また汗となって、体の外に出て行った
水分は塩分も体外に出してしまいます。

 

一番良い熱中症からの身の守り方は
常に水分と塩を持ち歩く事です。

 

塩分はかなり有効的に効きます。
塩分なしで飲料数を飲んだ場合と、
塩分を含めて飲んだ飲料水では
回復の度合いが違います。

 

塩は料理に使うだけではありません。
この様に熱中症のような症状の時に
非常に効き目があります。

 

また塩は生命の危険から
守ってくれるものです。

 

塩を持ってないのはボクシングで言う
ノーガードで一撃KOされるのと
全く同じです。
それ位塩は重要です。

 

塩を侮っている人がかなりいる事が
7月・8月の熱中症による救急搬送の
増加につながっています。

 

その大半が熱中症としては軽度のもの
が多く、入院することなく、
点滴をされて帰宅です。

 

熱中症も立派な病気ですが、
それ以外の病気で救急搬送の要請が
ある事を忘れてはいけません。

 

夏場の晴れた日には各都道府県の
ホットラインは休む間もなく
鳴り続けます。

 

熱中症の症状のチェックが
非常に重要です。

 

熱中症になると、まず脱水症状を
起こし、体温が上昇します。

 

熱中症は一歩間違えると、
死に至ります。

 

また室内にいても、
熱中症にかかります

 

家の中だから大丈夫!
そんな事はありません。

 

もし自宅で冷房をどうしても
使わないなら、風と通しを
よくする事です。

 

熱中症の症状はめまい、失神、
筋肉痛、こむら返り、大量の発汗
これはまだ軽度の方です。

 

一番重いと意識障害、けいれん、
手足の運動障害、体に触ると熱い
ぐらいの高体温

 

これは集中的な入院加療が
必要になります。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ