熱中症の症状で翌日の行動について??


熱中症症状翌日行動について??
についての情報です。

スポンサーリンク

熱中症の症状で翌日の行動について??

熱中症と診断された翌日は
症状が普段通り改善していても、
まずは大人しくしておく事です。

 

仮に熱中症と診断された翌日の
ドーム球場以外で、プロ野球を
見に行く予定のある人は
絶対に慎むべきです。

 

例えば、これがドーム球場であっても、
余り観戦に行くのは
良くありません。

 

1週間位は大人しくしておいた方が
絶対に得策です。

 

まずは本来の熱中症と診断される
前の1週間に、この熱中症に
かかった後の1週間を徐々に
近づけて行くのです。

 

焦りは絶対禁物です。
徐々に回復していくのです。

 

野球が見に行けなくて
残念なのはわかります。

 

熱中症と診断された翌日です。
プロ野球はまだ幾らだって
観に行く機会はあるあけですから、
ここで無理する事はありません。

 

健康維持が第一ですから、
最初の1週間が非常に
大事になってきます。

 

特に外回りの営業の仕事を
している人は3日間位は
休みを貰わないとダメです。

 

結局、また同じ事の繰り返し
になる事になりますから、
ここは慎重に行きたい所ですね。

 

大事な取引先と取引がある等、
余程の事が無い限りは
休むべきですね。

 

夏場は本当に無理を
してはいけません。

 

例えば電車に乗る為に
走る必要はありません。

 

時間に余裕を持って行動すれば、
次の電車にしようと、
気持ちも切り替えられます。

 

この気持ちの切り替えこそが
熱中症の予防にはかかせません

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ