熱中症の症状で熱がでて寒気を催すことがある??


熱中症症状がでて寒気催すことがある??
についての情報です。

スポンサーリンク

熱中症の症状で熱がでて寒気を催すことがある??

必ず夏になると現れる熱中症。
いくら注意喚起を促しても、
必ず大勢の人が陥ります。

 

症状も十人十色で、
様々な症状があります。

 

熱が出て、
寒気を催す事もあります

 

熱があって、寒気を及ぼすと言う事は
その間、確実に体温は上昇しています。

 

風邪を引いた時もそうですが、
寒気・風邪の場合は悪寒ですね。

 

この時は体温が上がっている
状態です。

 

しかし熱中症の場合は寒気の
症状が出ても、頸動脈付近と
脇の下にアイスノン等をあて、
冷やす必要があります

 

熱中症の場合は血液の循環が
悪くなっています

 

その為に血液の循環を正常に
戻す為に、太い血管の所に
冷却物をあて、熱を下げる
効果が見込めます。

 

はじめは寒いかも知れませんが、
普通の熱中症なら少なからず、
必ず効果はあります。
これで効果が無ければ重度です。

 

1度でも、熱中症にかかった人は
本当に辛い思いをしています。

 

競馬の騎手の夏は1日で、
体重が3キロ減るそうです。

 

熱い中、勝負服は長袖と
完全に蒸し風呂状態。

 

しかも体重を気にしなければ
いけない為、水分補給にまで
気を使います。

 

これはあまりにも極端な
職種をあげたものですが、
熱中症を甘く見ると、
必ず痛い目にあいます。

 

熱で済めばまだ良い方です。
熱中症を侮る事無く、
危険な病気と認識しましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ