機能訓練指導員の資格や研修などの仕事内容ぶついて?


機能訓練指導員資格研修などの仕事内容について?
の情報です。

機能訓練指導員の資格や研修などの仕事内容ぶついて?

スポンサーリンク

機能訓練指導員とはなにか?

最近注目されている職業として、
機能訓練指導員というものが
あります。

 

言葉はよく聞くものの、
果たしてどのような仕事を
する方のことを言うのでしょうか?

機能訓練指導員の資格や研修は?

機能訓練指導員とはデイサービスで
一人以上の配置が定められている職業
の方を言います。

 

機能訓練指導員になるためには、
作業療法士・理学療法士、
柔道整復師、あんまマッサージ師、
言語聴覚士、看護師、准看護師の
資格を持つ方がなることができる
資格となっています。

 

以上の資格を持つ方であれば、
特に研修など受ける必要はなく、
自然と機能訓練指導員となることが
できます。

 

何もなくただ機能訓練指導員に
なるのに心配な方には、研修
セミナーなどが行われていますので、
そこで研修を受けて実戦デビュー
することになります。

機能訓練指導員の仕事内容は?

機能訓練指導員の主な仕事内容
として、デイサービスや介護施設等で
高齢者の方が自立した生活を
送れるようになるために、
リハビリやトレーニングを
指導します。

 

自分の持っている資格のスキルを
活かして、リハビリのメニューを
考えるのも機能訓練指導員の重要な
お仕事となりますので、実は非常に
重要で高いスキルを必要とする
ポディションの方のことを言います。

 

高齢者だけでなく、病院でのリハビリ
などでは若い方を対象としても
仕事をすることになります。

機能訓練指導員の配置要件は?

機能訓練指導員は各職場に
1名配置しなければならないと
説明しましたが、正確には小規模
デイサービス(定員10名以下)の
場合は1名以上、定員10名以上の
デイサービスの場合でも、
1名以上の配置が必要です。

 

各都道府県で配置要件は多少異なり
ますが、必1ず1名以上の配置は
必要です。

 

機能訓練指導員は非常に大変な
職務であるため、実質的には1人で
対応するのは非常に厳しいです。

 

可能であれば2人以上の配置が
望ましいと考えますが、周りの
サポートを得ながら、仕事を
進めていくことになります。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ