椎間板ヘルニアの激痛は治る!足のしびれを治療!?


今回は椎間板ヘルニア激痛治る足のしびれ治療!?
についての情報です。

スポンサーリンク

椎間板ヘルニアの激痛は治る!足のしびれを治療!?

私こと、ちゃらんきゅうは3か月前に
椎間板ヘルニアと診断されました。

 

始めの頃はただ腰が痛いなぁという
感覚だけでした。

 

なので、普段通りの生活をしていても
何も影響はありませんでした。

 

しかし、椎間板ヘルニアと診断されて
2か月が立つ頃、急に足に激痛が起き、
足のつま先あたりまでしびれが
起きるようになりました。

 

でも、仕事もあるので、
そんな痛みやしびれがあっても
休めません。

 

家族は無理をすると、
あとあとに響くからと
注意勧告を受けていました。

 

でもさすがに痛みやしびれが激痛過ぎて
我慢の限界に達していました。

 

気になるこの痛みをどう治療していたのか??

 

普段は錠剤の痛み止めのロキソニンと
胃薬のムコスタ、そして神経に効くという
リリカという薬を処方されていました。

 

この薬は2か月くらい飲んでいましたが、
椎間板ヘルニアの治療に効いていたのかは
不明です。

 

普通、椎間板ヘルニアと診断されたら、
まず痛み止めと湿布と安静です。

 

しかし、私の場合は安静をしておかなければ
いけないのに、重い荷物を持ったり、
無理に痛みを我慢して、
仕事をしていました

 

椎間板ヘルニアは保存療法だけで治るのか??

 

さらに通常、椎間板ヘルニアは
3か月から半年の間、保存療法で
安静していれば治ると言われています。

 

どう治るのかというと、
椎間板ヘルニアのヘルニアは水分でできた
綿のようなクッションです。

 

そのヘルニアが椎間板から出て、
神経に当たっているから、
痛みやしびれなどが起こります。

 

しかしそのヘルニアも血流が良くなり、
白血球が増えると、マクロファージが
ヘルニアを食べてくれて、
消えるというのです。

 

私こと、ちゃらんきゅうもそれを信じて、
保存療法に務めていましたが、
断念。

 

軽い初期のヘルニアであれば、
安静にしていれば治ると脊椎専門の
先生はおしゃっていました。

 

でもちゃらんきゅうのヘルニアはかなり
巨大でした。

 

なぜヘルニアが巨大かわかるのか??

 

それはMRIという機会に入れば
一発でわかります。

 

縦の断面図、そして、
横からの写真でわかるのです。

 

だいだい時間は30分くらい
だっだと思います。

 

因みに私は腰椎の4番5番の
椎間板ヘルニアでした。

 

自然治癒力で治らなければどうするのか??

 

再び、私の話に戻りますが、
普通だと、保存療法治療で治らなければ、
ブロック注射をします。

 

そのブロック注射もほとんどの人には
効かないとネットには書かれていました。

 

でもこのブロック注射が効く人は
2・3回して、退院する人も多いそうです。

 

私の状況はブロック注射をしたけれど、
半日で効果がきれました。

 

普通のブロックよりもきつい
硬膜外ブロック注射というのをしました。

 

なので、今現在の状況は入院中ですが、
効果はありませんでした。

 

最終手段は手術しかないのか??

 

手術しかないのではなく、
結局は足の痛みやしびれを
我慢するには限界があります

 

正直、私も手術は避けたいですが、
痛みを我慢しすぎると、
精神的に限界がきます

 

私も精神的に限界で手術という
選択をしました。

 

なので、痛みを取り除くには
手術が一番早いということです。

 

手術をしたら完全に治るのか??

 

手術をしても、
いろんな結果があります。

 

完全に痛みもとれて、
しびれもなくなった!

 

痛みはなくなったが、
しびれが残った!

 

痛みもしびれも
両方残っているなど、
数を上げれば切りがありません。

 

でもちゃらんきゅうは
手術を選択します。

 

手術の種類や再発率は??

 

手術の種類はたくさんあるそうです。
内視鏡を使って、傷口も少なく、
日帰りできるというPELD。

 

省略しますが、
レーザー手術やLOVE法という
既存の手術があるそうです。

 

再発率は手術の方法で
変わるみたいです。

 

それを気にしていたら、
前にはすすめませんね。

 

まとめ

 

結局、椎間板ヘルニアを治すのは
先生でもなく、自分が最終判断
をしなければいけません

 

ヘルニアが小さく、痛みも少ないから、
少し入院でもして、保存療法とリハビリ
で様子をみる!

 

手術は絶対に嫌だから、
入院して、ブロック注射をして、
様子をみる!

 

完全に手術をして、
リハビリをして、
早く社会復帰をする!

 

いろいろありますが、
あまり周りの意見や
ネットの情報には
振り回されないように
注意しましょう!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ