桜井章一の壮絶すぎる凄さがネットや書店で!?


桜井章一 ネット 書店

桜井章一について

スポンサーリンク

桜井章一さんは麻雀をする人なら知らない人はいない伝説雀鬼である。

1960年代に裏麻雀の代打ちをはじめ、20年間無敗と言う伝説がある。

中には腕1本がかかった非常に危険な勝負もあったが、相手がどんなに汚い手を遣おうとも負ける事はなかった。

相手が裏技を使うと見るやその倍の威力の裏技を時には駆使し、相手の代打ち達を黙らせた。

代打ちとしての腕を見込まれ、究極の利権がかかった勝負などでも、雀鬼・桜井章一は無類の強さを発揮した。

裏プロを引退してからは雀鬼会を立ち上げ、後進の指導にあたる。
牌の音という雀荘を都内に数か所持っていたが現在は隠居生活。

ネットでは桜井章一の壮絶すぎる代打ちの秘話

ネット上には桜井章一さんの壮絶すぎる代打ち20年間の内容が載っているものもあるが、直ぐに削除されたり、アップしたりとまるで鼬ごっこ。

それでもネットで桜井章一と打てば、かなり多くの作品がヒットする。
当時新宿界隈では知らない人は誰もいなかった。

通称・宿の雀鬼。
雀鬼シリーズはVシネマで忠実に再現され主演はS・Kさんが務めている。

諸般の事情により実名が出せないのはご了承いただきたい。

書店には雀鬼の漫画が??

竹書房から20年間無敗の雀鬼の漫画が発売されている。
大きな書店に行けば、売っているはず。

もし売ってなければ、取り寄せてもらう事も可能。
もう後がない所から、怒涛の大反撃で相手をハコテンにしてしまうのは実に痛快。

リーチ棒1本からの奇跡の大逆転を演じるには相当肝が据わっている。
普通ならリーチ棒1本からの逆転など100%不可能。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ