昭和天皇【双子の妹?崩御の真実と参列の大喪の礼とは?】


昭和天皇双子崩御真実参列大喪の礼とは?】
についての情報です。

スポンサーリンク

昭和天皇

昭和天皇には双子の妹?

昭和天皇には双子の妹がいたとされていますが、
色々調べましたが真相が掴めません

 

あまりにも情報が錯そうしており、
また皇室と言う事もあり、
少ない情報で錯そうしている為、
どれが本当の事実なのかがわかりません。

 

昭和天皇には双子の妹がいたのは事実のようですが、
一体誰なのかがわかりません。

 

あまり皇室の事なので深くリサーチも出来ず
昭和天皇の双子の妹説は謎です。

昭和天皇が崩御?真実は?

昭和天皇の崩御は昭和64年1月7日
午前6時33分とされています。

 

真実は一体どこにあるのか?
年末に数日間だけ海外留学していた秋篠宮様が帰国しています。

 

昭和天皇の崩御は実は年内だったのではないかとの声が
あちらこちらから聞こえてきます

 

当時の竹下政権は消費税導入に驀進中で、
年内に昭和天皇の崩御が発表されれば、
日本経済は大きく傾く状態は避けられ状況でした。

 

一体、真実はいつなのでしょうか?
昭和天皇の崩御は昭和64年1月7日午前6時33分。

 

既に年明けの株価等が動いた後の発表。
確かに言われて見れば素朴な疑問が生じてきます。

 

しかし昭和天皇の崩御を政治の為に引き延ばす事も考えづらいのも
事実で本当の真実は何処にあるのでしょうか?

昭和天皇も参列?大喪の礼?

昭和天皇の大喪の礼は2月24日冷たい雨が降る中行われ、
その日は休日となりました

 

参列には皇太子様をはじめとする皇族の方を中心に先ず行われ、
のご参列に竹下首相をはじめとする主要閣僚が行いました。

 

一般の参列は昭和天皇の大喪の礼で
武蔵野墓地に行く沿道で多くの国民が参列しました。

 

私がまだ中学1年の時に昭和天皇は崩御されました。
昭和天皇はいつも笑顔で国民に手を振っていた印象がとても強いです。

 

大喪の礼が行われた2月24日はとても寒い日でしたが
沿道にはたくさんの国民が最後の別れを遂げていました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “昭和天皇【双子の妹?崩御の真実と参列の大喪の礼とは?】”

  1. tyarankyu より:

    昭和天皇【双子の妹?崩御の真実と参列の 大喪の礼とは?】についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ