接客業の種類は!コンビニなどの接客業の心得や大変さ?


接客業種類は!コンビニなどの接客業心得大変さ
についての情報です。

スポンサーリンク

接客業の種類は!コンビニなどの接客業の心得や大変さ?

接客業とは?

接客業とはお客様と接するすべての
仕事のことを言います。

 

例えば一番メジャーな接客業と
いえば、コンビニなどのレジを担当
する店員の方であったり、
美容師の方などが該当します。

 

人気の高い接客業といえば、
バーテンダーやマスターなどの
お酒に関する仕事をされる方で
あります。

 

今回は接客業の種類をもう少し
噛み砕いて説明します。

販売員の心得は?

お店で商品を販売される方と
なります。

 

例えばアパレル関係のショップの
店員さんをイメージされると
良いですが、単に会計のみを
担当するのではなく、商品の
良さを伝えて買ってもらうことも
スキルとして求められます。

 

またコンビニの店員さんであれば、
商品陳列や調理なども行わなけれ
ばならないので、非常に大変で、
かなりのスキルを持っていないと
対応できません。

 

心得としては、やはりお客様第一の
考えで接することが重要になります。

技能サービスの心得は?

美容師であったり、ネイリスト、
エステシシャンといった方が、
技能サービス職として、
ジャンル分けできます。

 

自分の腕一本でご飯を食べていく
職人肌の方が多いのですが、
その分大変な努力を伴います。

 

技能サービスの心得としては
コミュニケーションを常にとって、
お客様を満足させること
重視します。

 

例えば美容師であれば、カット
だけでも1時間近くはマンツーマンで
対応することになります。

 

パーマとなれば、更に長い時間
一緒にいることになります。

 

そこでお客様と如何にコミュニ
ケーションを取れるかが腕の
見せどころです。

 

上手く行けば、次の仕事(→再来店)
を確証できますし、逆に失敗すれば
そこで仕事がひとつ減ってしまう
事になります。

ホテル従業員は大変です!

究極の接客業といえば、
ホテル従業員が有名です。

 

変形労働時間制を
採用しているホテルが多く、
年間休日も一般的な会社よりも
少ないのが実情です。

 

仕事においては、常にお客様の
ために日々仕事をすることに
なります。

 

顧客第一!がこれほど重要な
仕事はホテル業界しかないと
いっても過言ではありません。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “接客業の種類は!コンビニなどの接客業の心得や大変さ?”

  1. tyarankyu より:

    接客業の種類は!コンビニなどの接客業の心得や大変さ?についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ